【今日の一冊】自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方

【今日の一冊】自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方
       


レビュー

ほめるときに「えらい」「上手」。叱るときに「ダメ」「いけない」。じつはこれらは、子どもへの声かけとしてはあまりよろしくないらしい。家庭や教育現場で子どもに接しているなかで、反射的にこうした言葉を発している方もいるのではないだろうか。かくいう要約者も例外ではない。
褒美と罰は、与え方によってはモチベーションの低下や攻撃性の増加につながり、かえって行動が改まりにくくなることもあるという。なにより、親や教育者との関係が損なわれてしまうこともあるそうだ。
本書の著者は、モンテッソーリ教育、レッジョ・エミリア教育という優れた教育方法の研究者だ。そうした教育方法に共通する考え方を基盤として、本書では愛情をエサにするような接し方ではなく、無条件に愛情を注ぎながら、道を示してやることが大切だと説く。そのためには、ほめ方、叱り方の声かけが、かなり大きな意味をもつ。
本書では理論を踏まえて、3~12歳の子どもを対象としたほめ方、叱り方のポイントがわかりやすく書かれている。「自分で服を着られたとき」「スーパーでだだをこねたとき」など、いかにもよくあるシチュエーションが示され、声かけの提案も細やかである。理論と実践のバランスがよく、実用性が高い。
子どもは思い通りにならない。そのため大人はイライラしたりくたびれたりしてしまう。だが、思い通りにしようとしなくていいのだ。良い関係で双方ともに成長してゆくために、ぜひご活用いただきたい一冊だ。


あわせて読みたい

flierの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月25日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。