セントラルMFから左SB、CBまで。中山雄太が示すポリバレント性

セントラルMFから左SB、CBまで。中山雄太が示すポリバレント性
拡大する(全1枚)

 「ボランチ(セントラルMF)で勝負する」と誓って挑んだ今季の中山雄太だが、日本代表森保一監督も、ズウォレのジョン・ステーヘマン監督も、中山のポリバレント性を放ってはおかない。

各ポジションで実力を発揮

 今季、中山が初めてスタメンに抜擢されたのは、オランダリーグ第3節のスパルタ戦だった。それからの中山の実績は下記の通りだ。

9月26日 ズウォレvsスパルタ(4-0) セントラルMF/先発/74分間出場/1ゴール/マン・オブ・ザ・マッチ
10月9日 日本vsカメルーン(0-0)セントラルMF /先発/フル出場
10月13日 日本vsコートジボワール(1-0)左SB/ 先発/フル出場
10月18日 ズウォレvsPSV(0-3) セントラルMF /先発/フル出場
10月21日 RKCvsズウォレ(1-1) セントラルMF→左SB(短時間)/先発/フル出場
10月24日 ズウォレvsウィレム2(0-0)左SB→CB/先発/フル出場

 RKC戦の中山はほとんどの時間帯をセントラルMFとしてプレーし、小気味よいパスでチームの攻撃を組み立てた。また、65分にラインダーズが決めた先制ゴールのシーンでは、しっかりアタッキングサードに飛び出して、アシストしたテディッチに好パスを供給した。守備面では「ボールを失った後の切り替えを誰よりも早く」という意識で取り組んでいるという。

 ウィレム2戦では「SBとして攻撃面の良さを出していこう」と心がけてキックオフの笛を聞いた中山だったが、42分にブラム・ファン・ポーレンが負傷退場したことによって、CBにポジションを移した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「サッカー日本代表」に関する記事

「サッカー日本代表」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事

次に読みたい「サッカー日本代表」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク