得点力不足のアズーリを救えるか。カリアリのブラジル出身FWに注目

得点力不足のアズーリを救えるか。カリアリのブラジル出身FWに注目
拡大する(全1枚)

 カタールW杯欧州予選グループCを1位通過することができず、プレーオフに回ることになったイタリア代表。スイス戦で1ゴール、北アイルランド戦ではスコアレスドローになるなど前線の得点力不足が指摘される中、新たな選手の招集の可能性が話題となっている。イタリア国籍を有しているカリアリのブラジル人FWジョアン・ペドロだ。

制度上は招集が可能

 2010年8月にアトレチコ・ミネイロからパレルモに移籍。ポルトガル、パラグアイ、そして母国ブラジルなどを渡り歩いた後、2014年からカリアリに加入して活躍を続けている。公式戦にはセリエB、カップ戦を含めて246試合に出場し、81ゴールを記録。今季もすでに13試合で8ゴールを決めているカリアリの攻撃の柱は、2017年にイタリア人女性と結婚しイタリア国籍を有した。そしてU-17代表以外では母国ブラジルでの招集歴がないとされており、制度上はイタリア代表への招集が可能となる。

 予選後、地元メディアの間では待望論が浮上。そして地元ラジオの取材に応えたカリアリのステファノ・カポズッカSDは、ジョアン・ペドロを強力に推薦した。

 「ジョアンには『カリアリの残留と代表入りを目標に頑張ってくれ』と言った。FWが足りないというのなら、すでにイタリア人であるジョアン・ペドロのような選手をなぜ考慮に入れないのか」

本人も招集に前向き

 ジョアン・ペドロ自身も興味を示している。11月21日のサッスオーロ戦後、地元メディアに対し「選ばれないかもしれないし、そういう話が出ていることだけでも名誉なこと」と控えめに語りながらも、「そうなったらうれしくないと言ったら嘘になる。歴史の中では強国の1つだし、私はブラジル人だけど家族は皆イタリア人だ。イタリアという国は自分を迎え入れ、いろいろなものを与えてくれた」と前向きな姿勢を見せた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

footballistaの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク