実は『マリオ』って食文化に影響を与えているんじゃないか?―マリオが僕にとってキノコ親善大使だった話

2021年2月12日発売のニンテンドースイッチ向け『スーパーマリオ 3Dワールド + フューリーワールド』
僕は子供時代、シイタケが苦手でした。それがマリオの出会いによって苦手意識がありつつも進んで食べるようになった話をしようと思います。

シイタケ……口に入れると広がる独特な風味。あれが本当に駄目でした。中年になった今ではそれがたまらなく愛おしくて、よく醤油を塗ってオーブントースターで焼いているのですがね……。

子供時代、家にはファミコンがありませんでした。それは親の教育方針とかではなく、特に理由はありません。おそらく、理由があったとしても「家にはゲームボーイがあるし、十分でしょ」程度だったと思います。

えんじ色をしたファミコンは、そこまでゲームに興味がない大人も持っているほどの大衆向けの嗜好品だったと記憶しています。父親の同僚の家や床屋さんにいくと、まるでインテリアのように置かれており、『エキサイトバイク』やら『ドンキーコング』といった定番作品のカセットが綺麗に並べられていました。それを見てもファミコンに対する興味がなかったのは、今振り返ると不思議で仕方ありません。

僕が最初に手に入れた据え置きゲーム機はスーパーファミコン。遊んだのは『ロマンシング サ・ガ2』や『聖剣伝説2』といったRPGが多かった印象があります。それでも『スーパーマリオカート』は所有していましたが、キャラクターのことはよくわからなかったです。ただ、『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』の影響でノコノコを愛用してましたね(当時はノコノコが味方サイドのキャラクターだと思っていました)。

この記事の画像

「実は『マリオ』って食文化に影響を与えているんじゃないか?―マリオが僕にとってキノコ親善大使だった話」の画像1 「実は『マリオ』って食文化に影響を与えているんじゃないか?―マリオが僕にとってキノコ親善大使だった話」の画像2 「実は『マリオ』って食文化に影響を与えているんじゃないか?―マリオが僕にとってキノコ親善大使だった話」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク