「共働きは、夫が出世しなくなるってホント?」 ネットで話題...専門家に聞いた

「共働きをすると、夫が出世しなくなるってホント?」――。こんな投稿がインターネットで炎上ぎみになっている。

「専業主婦として夫を支えた方が出世につながる」という、古くからある「内助の功」論だ。この女性活躍推進時代に、「そのとおり!」と支持する声が意外に多い。女性の働き方に詳しい専門家に聞いた。

「年収2000万円以上なら専業主婦じゃないとダメよ」

「内助の功」は最近、矢面に立たされている。2018年10月、ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょ・たすく)京都大学特別教授が「僕は家族のことはタッチせず、典型的な亭主関白として研究にまい進した」と発言。滋子夫人の「妻の支え」が脚光を浴びた際、朝日新聞デジタルは「ノーベル賞に内助の功、強調するメディアに『違和感』も」(10月18日付)という見出しで批判的に報じた。

2018年12月13日には、青森県五所川原市の市議会が、名誉市民などを表彰する際、受賞者の配偶者(主に妻)に贈る「内助の功賞」が「男女の役割の固定化につながり、時代にそぐわない」として廃止することを決議した。

話題のきっかけになったのは、女性向けサイト「発言小町」に載った「共稼ぎって旦那さんが出世しないって本当ですか?」(2019年3月6日)という、次の投稿だ。

「子どもがいる共働きサラリーマン家庭の場合、夫が保育園のお迎えなどで時短を取ったり、定時で帰ることが多かったり、出張ができなかったりして仕事に集中できない環境だと、将来の出世に差がつくことがありますか? 出世するなら妻が専業主婦のほうがいいのでしょうか?」

編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク