【日韓経済戦争 番外編】相次ぐ自殺も、人気を支える専門家集団 韓国女性アイドルの美貌の作られ方に見る韓国芸能界の闇(後編)

【日韓経済戦争 番外編】相次ぐ自殺も、人気を支える専門家集団 韓国女性アイドルの美貌の作られ方に見る韓国芸能界の闇(後編)
「韓国アイドルの美貌はいかにして作れるのか」という記事(中央日報2017年6月7日付)

アイドル受難の韓国芸能界。亡くなった元「KARA」のク・ハラさん(28)も、日本で人気があっただけに、その死にショックを受けたファンは少なくない。

「KARA」に限らず、その人気の背景にあるのはルックスだろう。中央日報(2017年6月7日付)「韓国女性アイドルの美貌はいかにして作られるのか」は、ダンス・歌などの実力と同じくらい優れたルックスを備えていることが常に求められる、韓国女性アイドルの過酷な現実を生々しく伝えている。

「ダイエット残酷史」はもはや昔の話

中央日報(2017年6月7日付)によると、

「『デビュー初期、毎日体重を測っていた』。ガールズグループSISTAR(シスター)のヒョリンの告白だ。ガールズグループDIA(ダイア)のチョン・チェヨンはスケジュール表に『社長、体重チェック』という日程が記されている。歌手IU(アイユー)はさつまいも2本とタンパク質シェイク一杯で一日を耐える。SISTARのソユは夕食に海苔巻き3つ(3本ではない)を食べるだけだ。これらの『アイドルメニュー』は、少なすぎる食事量のために『チュグムエット』(『死』を意味する『チュグム』と『ダイエット』をかけ合わせた言葉)という名前で広く知られるようになった」

という。

しかし、アイドルの「ダイエット残酷史」を書くのは、ダイエットでなく別のことを言いたいからだという。これほど苛酷なダイエットをしても、アイドルの美貌で占める割合は大きくないというのだ。少し考えてみただけでもわかる。絶食したからと言って、絶対にアイドル美貌にはなれないということを。では、韓国人女性アイドルの美貌を決めるのは何か。


あわせて読みたい

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。