社会に絶望していた自分が、漫画家になろうと思ったワケ  ギャグ漫画家 田島シュウさん独占インタビュー(前編)

社会に絶望していた自分が、漫画家になろうと思ったワケ  ギャグ漫画家 田島シュウさん独占インタビュー(前編)
拡大する(全2枚)

疲れた心を癒すギャグ漫画「日めくり漫言」、シュールながら登場人物の優しい心が伝わる「アイテムおばあちゃん」など、ウェブを中心に人気の漫画家、田島シュウ(たしま・しゅう)さん。2020年3月30日には、小学館から初の単行本「田島シュウの日めくり漫言」が発売される。

27歳までフリーター生活を続け、ときに社会からの疎外感も感じていたという田島さん。何がきっかけで、長いフリーター生活を抜け出し、漫画家になったのか? その一風変わったデビュー秘話から、スランプを経て人気作品を生み出すに至ったエピソードの数々に迫る!

初めての独占インタビュー、もちろんメディア初登場である。

27歳、フリーターの一念発起!

――小学館のコミック配信サイト「やわらかスピリッツ」では、独自の感性に貫かれた1ページ漫画「日めくり漫言」が常に上位をキープしています。

田島シュウさん「ありがとうございます。1週間に7本、毎日投稿しているので、多くの方に見ていただいているのかもしれません」

――デビューのきっかけも、ウェブ漫画だったのですか?

田島さん「今35歳なんですが、漫画家になったのは27歳のときなんです。それまでは『親のすねかじり』というか、フリーターみたいな感じで。バイトをしながら、なんの目的もなくその日暮らしをしてまして......」

――10代の頃から漫画家になりたかった、とかではなく。

田島さん「全然そんなことないんです。27歳のとき、久々に会った同級生が『趣味で漫画を描いている』というのを聞いて、『漫画家ならこの先ずっと続けられるし、自分にもできるんじゃないか』と思って描き始めました......。けっこう変わった経歴だと言われます」

この記事の画像

「社会に絶望していた自分が、漫画家になろうと思ったワケ  ギャグ漫画家 田島シュウさん独占インタビュー(前編)」の画像1 「社会に絶望していた自分が、漫画家になろうと思ったワケ  ギャグ漫画家 田島シュウさん独占インタビュー(前編)」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク