世界に広がる麻生大臣の「問題」発言! 「呪われている」のはオリンピックなの? それとも......(井津川倫子)

「東京五輪・パラリンピックは『呪われたオリンピック」――。麻生太郎財務大臣の、この発言が瞬く間に世界中に広がっています。

麻生大臣といえば、これまでも数々の「問題発言」で物議を醸してきましたが、今回ばかりは「世界を股にかけて」超ド級のインパクトを与えてしまいました。

一方、IOC(国際オリンピック委員会)や日本政府の「予定どおりの開催」に固執するスタンスには、著名アスリートからも「選手を危険にさらすな」「空気を読めよ!」といった非難が高まっていて......。何だか本当に「cursed」(呪われた)ムードが漂ってきました。

麻生発言は日本政府の努力をぶち壊した?

麻生太郎財務大臣は、新型コロナウイルスの感染拡大で東京五輪・パラリンピックの延期や中止の懸念が高まっていることに関連して「呪われたオリンピック」と発言しました。まずは、この麻生大臣の発言が英語ではどう訳されたのかを見てみましょう。

It's a problem that's happened every 40 years - it's the cursed Olympics - and that's a fact,"
(40年ごとに問題が起きてきた。「呪われたオリンピック」だ。これは事実ですよ)
curse:のろい、呪う

「呪われたオリンピック」は「cursed Olympics」と英訳されています。「curse」は「人などに災い・不幸がふりかかるようにと、呪う」という意味です。中世の魔術師が呪いをかけているような、おどろおどろしいイメージが浮かびます。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク