低年齢化する不登校生 コロナ禍で増加に拍車、歯止めかからず......(鷲尾香一)

低年齢化する不登校生 コロナ禍で増加に拍車、歯止めかからず......(鷲尾香一)
拡大する(全1枚)

2020年度の小学校の不登校児童は前年度比18.7%の増加、中学校の3.8%増加した一方で、高等学校は14.1%の減少となった。前回に続き、今回は不登校問題を取り上げる。

文部科学省が10月13日に発表した「令和2(2020)年度の児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」によると、小・中学校における長期欠席者数は28万7747人と前年度比13.8%増加した。

2020年、不登校の児童・生徒は過去最多

長期欠席者数が増えた要因の一部には、2019年度調査までは年度間に30日以上欠席した児童生徒を対象としていたが、2020年度からは「欠席日数」および「出席停止・忌引き等の日数」の合計の日数により、年度間に30日以上登校しなかった児童生徒に加え、「新型コロナウイルスの感染回避」を追加したこともある。

ちなみに、この新型コロナウイルスの感染回避による長期欠席者数は、小・中学校合計で2万905人だった。

それにしても、長期欠席者数は2013年度以降、増加の一途を辿っている。そして、長期欠席の理由の中で最も多いのが「不登校」の問題だ。

2020年度の不登校児童数は、小学校で前年度比18.7%増の6万3350人、中学校で同3.8%増の13万2777人となった。中学校の増加率が小学校に比べて低いのは、分母となる前年度の不登校児童数が多いためであり、決して中学校の不登校児童数の増加に歯止めがかかっているわけではない=表1参照。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST会社ウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「新型コロナ」に関する記事

「新型コロナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「新型コロナ」の記事

次に読みたい「新型コロナ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク