松本伊代が明かす“おひとり様老後”プラン「ヒロミさんが死んだら老人ホームに入る」

松本伊代が明かす“おひとり様老後”プラン「ヒロミさんが死んだら老人ホームに入る」
拡大する(全1枚)
デビュー40周年を迎えた松本伊代

「デビュー40周年のタイミングで形に残ることをしたいと思っていたので、アルバムをリリースできたのはとても感慨深いです」

そう話すのは、’81年10月に『センチメンタル・ジャーニー』でデビューした松本伊代さん(56)。“花の82年組”として芸能界を走り続けてきた彼女だが、40周年を記念して、昨年12月にアルバム『トレジャー・ヴォイス』をリリース。じつに30年ぶりのアルバム収録だったという。

「『センチメンタル・ジャーニー』は歌いすぎてるせいか、自分では普通に歌ってるつもりでも慣れが出ちゃって、プロデューサーさんに『もっと丁寧に歌って』と言われてしまいました(笑)。自分でも『センチメンタル・ジャーニー』となれ合いになってるなって。筒美京平先生と湯川れい子先生のタッグが懐かしくて、デビュー当時を思い出しながら歌いました」

このアルバムは当初、10月のデビュー記念日にリリースする予定が延期に。伊代さんは昨年6月、自宅でヨガを行っている最中に、無理なポーズをして背骨を圧迫骨折してしまったのだ。

「いまは普通に歩けるようになりました。でも、ソファのように柔らかい椅子だと立つときに沈みやすくて、それが背骨に負担をかけるのでちょっとつらいですね。私が圧迫骨折した箇所は骨粗しょう症とは関係ない位置だと医師に言われたのですが、今後また転んだりするかもしれないから不安です。最近は、カルシウムやビタミンDを意識して取るようにしています」


編集部おすすめ

当時の記事を読む

松本伊代のプロフィールを見る
女性自身の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「松本伊代」に関する記事

「松本伊代」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松本伊代」の記事

次に読みたい「松本伊代」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク