「私たちは、すべて千葉への愛情“だけ”でやり切りました。有名人じゃない僕らで作った割には、素晴らしいお別れ会になったと自負しています」

こう語るのは、昨年8月に亡くなった千葉真一さん(享年82)のお別れの会「さらば!千葉真一」を発起人としてジャパン・アクション・クラブ(JAC)代表の西田真吾さん(58)だ。

1月22日に東京・芝公園の増上寺光摂殿で行われた千葉さんのお別れの会は、千葉さんと親交の深い関係者や、ファンの計約500人が参列。なかでも、注目を集めたのが千葉さんの息子で俳優の新田真剣佑(25)、眞栄田郷敦(22)兄弟が、連名で寄せたコメントだった。

《父と同じ俳優となり、生前、父が見つめる景色をぼんやりとですが最近見え始めたところです。僕たちの心の中には父として、そして俳優として今も変わらず息づいています。その父、千葉真一を僕たち同様、愛し続けていただけると幸いです》

逝去後も何かと話題に事欠かない千葉さんだが、その息子たちである真剣佑と郷敦の活躍も目覚ましい。西田さんは、晩年まで千葉さんのそばにいた“最後の愛弟子”だ。真剣佑と郷敦兄弟にとっても、頼れる兄貴分で、普段から連絡をよく取り合うという。

「お別れ会の翌日に、現在『ONE PIECE』(Netflixドラマ)の撮影で海外にいるマッケン(真剣佑)が、『ご苦労様でした、ありがとう!』と、わざわざお礼の電話をかけてきたんです。

会にマッケンの友達もいっぱい来ていたそうです。僕は友達の顔を知らなかったので、その時はじめて知ったのですが(笑)。