防弾少年団 六本木で2,500人を魅了!“珍”日本語も披露!?
拡大する(全2枚)

防弾少年団 六本木で2,500人を魅了!“珍”日本語も披露!...の画像はこちら >>



韓国の7人組人気ヒップホップグループ・防弾少年団が10日、レーベル移籍後第一弾となるシングル『血、汗、涙 -Japanese ver.-』をリリース。同日、港区・六本木ヒルズアリーナで発売イベントを行い、抽選で選ばれたファンと、関係者を合わせ2,500人が駆けつけた。



小雨が降るあいにくの天気にもかかわらず、メンバーが登場すると、悲鳴のような大きな歓声があがった。そのまま『血、汗、涙 -Japanese ver.-』、『Spring Day -Japanese ver.-』を立て続けに披露。キレがありつつも優雅さもあるしなやかなダンスでファンを魅了した。



リーダーのラップモンスターは「みなさんすごい熱いですね!日本でパフォーマンスするのは去年の11月以来なのですこし緊張しましたが、こうして(応援に)来てくださったので楽しくパフォーマンスすることができました。ありがとうございます」とステージの感想を伝えた。



『血、汗、涙 -Japanese ver.-』は、韓国で発売されたアルバム『WINGS』のリード曲を日本語で再レコーディングしたもので、“少年、誘惑に出会う”をコンセプトとしている。ラップモンスターは「拒絶できない誘惑ほど、悩みと葛藤があると思います。僕たちはそれを成長の過程と捉えて制作しました。そして、日本語の歌詞でどのように表現されているか想像しながら聴いてほしいです」とアピールした。


この記事の画像

「防弾少年団 六本木で2,500人を魅了!“珍”日本語も披露!?」の画像1 「防弾少年団 六本木で2,500人を魅了!“珍”日本語も披露!?」の画像2