台北国際ブックフェア、対面型イベント中止 オンラインは続行/台湾

台北国際ブックフェア、対面型イベント中止  オンラインは続行/台湾
2019年の台北国際ブックフェア
(台北中央社)新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、文化部(文化省)は20日、台北市内で26日に開幕予定の本の祭典「2021台北国際ブックフェア」の対面型イベントを中止すると発表した。先月末に始まったオンライン見本市は続行する。来場者同士の適切な距離の確保や会場内での足取り、滞在時間の把握などが難しいためだと中止の理由を説明した。

同フェアの実施を請け負う台北ブックフェア基金会は19日、入場制限の実施や氏名登録制の導入、マスク着用の徹底などの感染防止策を講じた上で同フェアを予定通り実施する方針を示していた。だが、主催する文化部は20日、同基金会との協議の末、参加人数の多さや会場の広さなどを考慮した上で中止を決めた。

同フェアは昨年も新型コロナの影響で中止されていた。今年は対面型、オンライン形式で並行して実施する計画で、対面型は今月26日から同31日まで、台北世界貿易センター1館での開催を予定していた。出版業界向けのフォーラムは継続して実施する。

(鄭景雯/編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月20日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。