背骨のトゲで身を守った恐竜の新種が発見される(アルゼンチン)

背骨のトゲで身を守った恐竜の新種が発見される(アルゼンチン)


 今から1億4000年前、アルゼンチンのパタゴニアには背中に並んだトゲで捕食者から身を守った草食恐竜が生きていた。
 
 新たに発見されたその恐竜はディクラエオサウルス科(dicraeosauridae)の仲間で、バジャダサウルス(Bajadasaurus pronuspinax)と命名され、現在はブエノアイレスの文化科学センターでトゲのある首のレプリカが展示されている。

[動画を見る]
Asi es el DINOSAURIO descubierto en ARGENTINA

 「バジャダサウルスやアマルガサウルス(ディクラエオサウルス科)の仲間の首や背中にならぶ長く鋭いトゲは、きっと肉食恐竜を思いとどまらせたでしょう」とCONICETとマイオニデス大学に所属するパブロ・ガリーナ氏は話す。

 「それがただの骨だけの構造だったり、薄い皮に覆われていただけならば、襲われたりしたときに簡単に骨折してしまったと思います。ですから、多くの哺乳類のツノで見られるようなケラチンの鞘で覆われていたはずです。」

[画像を見る]

【最大の肉食恐竜ギガノトサウルスと同時代】

 四つ足で、竜脚類の仲間であるBajadasaurusは、三畳紀後期(2億3000万年前)から白亜紀後期(7000万年前)の終わりにかけて生きた。

 一方、アマルガサウルスが生きたのは、バジャダサウルスよりも1500万年ほど後の時代だ。

 両者が発見されたのは、史上最も大きな肉食恐竜とされる

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年2月11日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。