危ない、逃げて!化学物質を放出し、仲間に危険を知らせる魚(カナダ研究)

危ない、逃げて!化学物質を放出し、仲間に危険を知らせる魚(カナダ研究)

Rankin1958 /CC BY-SA 3.0
 群れで行動する生物たちは、様々な方法で仲間に合図を送る。

 人間は言葉や仕草でコミュニケーションをとるが、それらを持たない生物は、ある種のシグナルを発することでコミュニケーションを可能とするのだ。

 野生の魚は化学物質を放出して、仲間に危険が迫っていることを知らせることがあるそうだ。
 
 この化学物質は「撹乱合図(disturbance cue)」と呼ばれるもので、捕食者などが接近したことを警告するシグナルである。 

 

 
【化学物質を放出し仲間に危険を伝える魚】

 魚が化学物質を放出することは以前から知られていた。『Journal of Animal Ecology』に掲載された研究が初めて明らかにしたのは、その使い途である。

 北米の湖に生息する コイ目のファットヘッドミノウを仲間の魚と一緒、見知らぬ魚と一緒、あるいは単独で水槽に入れて、捕食者による追跡をシミュレーションするという実験では、仲間からシグナルを受け取った魚には、いわゆる防衛・逃走反応が生じることがわかった。

 たとえば、じっと身じろぎしなくなったり、さっと逃げ出したり、一ヶ所にぎゅっと集まったりといった行動で、これらは魚が捕食者から身を守ろうとするときに見られるものだ。

 ところが、見知らぬ魚や単独の魚からの撹乱合図を受けても、特にそうした行動は見られなかった。

ファットヘッドミノウ
[動画を見る]

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年4月28日のびっくり記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。