「お膝を貸してくださいな」保護された子猫が見つけた居心地の良い場所は人間の膝の上だった(アメリカ)

「お膝を貸してくださいな」保護された子猫が見つけた居心地の良い場所は人間の膝の上だった(アメリカ)


 アメリカでは、保護された子犬や子猫は、終の棲家に落ち着くまでに何軒かの家を渡り歩くことが多い。成長段階に応じて預かりボランティアさんの家から家へと移り、適切な世話を受け、社会性を身につけながらながら、飼い主の募集をかけるのである。

 あんまり頻繁に飼い主が変わるのは落ち着かないと感じる人もいることだろう。だが、ムスタング・バーソロミューと名付けられた子猫にとっては、それは問題ではなかったのだ。

 バーソロミューは、どの家へ行っても変わらない、自分の居場所を見つけていたのである。

 飢えと孤独に鳴いていた子猫が見つけた居場所は、「人間の膝の上」だったのだ。
【ひとりぼっちで鳴いていた子猫】

 かすかな声がしたのは、6月の終わり頃のことだった。風にのって運ばれてきた子猫の鳴き声が、ある女性の耳に届いたのである。女性は辺りを見回したが、子猫らしき姿は見当たらなかった。

 だが、その数日後。女性はふたたび同じ場所で子猫の鳴き声を聞いた。

 よりハッキリとした鳴き声を頼りに、女性は今度こそ子猫の姿を探し当てた。ある家のポーチの階段で、孤独を訴えて鳴いていたのだ。

[画像を見る]
 この女性からの連絡を受けて、「Wrenn Rescues」から、ボランティアのアシュレイ・ケリーさんが子猫を引き取りにきた。

【保護されて覚えた、人間のぬくもり】

 バーソロミューは生後約6週。まだ24時間体制でのケアを必要とする幼さだったが、アシュレイさんの自宅では、その位の週齢の子猫をすでに4匹も預かっていた。もう1匹増えたところで大した負担ではないだろうとアシュレイさんは考えたのだ。

あわせて読みたい

カラパイアの記事をもっと見る 2019年9月21日のびっくり記事
「「お膝を貸してくださいな」保護された子猫が見つけた居心地の良い場所は人間の膝の上だった(アメリカ)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「終の棲家」(ついのすみか)なんて言葉は何十年も見ていなかった。若い人は読めないかもしれない、と思う。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

びっくりニュースアクセスランキング

びっくりランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら