伝説となった50年前の「クジラ爆破解体」映像をリマスター、高画質バージョンが公開される

伝説となった50年前の「クジラ爆破解体」映像をリマスター、高画質バージョンが公開される
       

漂着したクジラの爆破解体映像をリマスター image by:youtube
 1970年11月12日、アメリカ・オレゴン州フローレンスの海岸に、体長14メートル、体重8トンほどのマッコウクジラが打ち上げられた。

 このクジラの処分はなぜかオレゴン州の道路課に押し付けられたが、あまりにも大きすぎて動かすこともできない。処分に困った道路課は、クジラを爆破解体するという決断を下した。

 これだけ巨大なクジラの爆破処理となると一大イベントだ。見物客やメディアが見守る中、ダイナマイトを使った大掛かりな爆破が行われた。

 その時の「伝説のクジラ爆破解体」の映像を地元テレビ局のKATUがデジタル技術を用い、この度リマスター版を公開。50年の時を経て当時の臨場感が蘇った。
[動画を見る]
Exploding Whale 50th Anniversary, Remastered!

 オレゴン州道路課は20ケースものダイナマイトをクジラの死骸のまわりにセットした。多くの見学者が見守る中、地元のKATUテレビ局のリポーター、ポール・リンマン氏は、爆発の様子を詳細に伝えようと現場でマイクを握っていた。

[画像を見る]

 爆破するタイミングはカウントダウンされ、クジラは爆発して、あたりが真っ白になった。

 そのとたん、この見世物に大騒ぎしていたその場の雰囲気ががらりと変わった。「爆風の後、すぐにカメラが動かなくなってしまいました」リンマン氏は語る。
カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月23日のびっくり記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界のびっくり事件や仰天する出来事などついつい気になる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。