野菜や果物などの食品廃棄物からコンクリートよりも強くしかも食べられる素材が開発される(日本研究)

野菜や果物などの食品廃棄物からコンクリートよりも強くしかも食べられる素材が開発される(日本研究)

photo by Pixabay
 世界的に問題となっている食品廃棄物だが、これを有効活用するべく様々な方法が模索されている。そんな中、酒井裕也氏、町田紘太氏が率いる東京大学、生産技術研究所の研究グループが、画期的な新素材を開発した。

 それは廃棄された野菜や果物で作った完全植物由来の素材で、コンクリートの4倍近い曲げ強度を有し、建設材料としても十分に通用するものだ。

 更に製造条件を調整することで食べることもできるという。ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家ならぬ、野菜と果物の家なんてものができちゃうのだ。 
【食べられない部分を有効活用】

 せっかくの食材だ。無駄にすることなく、きっちり食べ切りたい。だがどんなに新鮮な野菜や果物であっても、皮・種・芯まで食べることは難しい。

 こうした食べられない部分を「不可食部」という。日本では年間1900万トン近い不可食部が出ており、そのほぼ半分が捨てられている。

 残り半分は肥料や飼料として利用されているが、単価が安いために利益をあげるのはそう簡単ではない。

 そこで考案されたのが、不可食部からつくられる建材として利用できる素材だ。これならば食品廃棄物を削減しつつ、高い付加価値までつけることができる。

[画像を見る]
photo by iStock
【コンクリートの4倍の曲げ強度を実現】

 新素材の作成法は、木粉から建材をつくる方法を応用したものだ。キャベツ・オレンジ・タマネギの皮などをフリーズドライ。それから粉砕してパウダー状にしてから加熱・成形すれば完成だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

カラパイアの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

びっくりニュースランキング

びっくりランキングをもっと見る
お買いものリンク