"痴漢事件"起こしたHey! Say! JUMP中島裕翔主演のフジTVドラマが予定通り番宣開始...ジャニーズは犯罪を犯しても許されるのか

 ジャニタレだったら、あんな不祥事を起こしても一切お咎めなしで終わるのか......。フジテレビがHey! Say! JUMPの中島裕翔主演のドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ)の番宣を流し始めたのを見て、その理不尽さに改めて愕然としてしまった。

 断っておくが、「あんな不祥事」というのは女優・吉田羊との7連泊のことではない。あまり知られていないが、Hey! Say! JUMP中島裕翔はその直後、一般女性への"痴漢事件"というとんでもない不祥事を引き起こしているのだ。

 スッパ抜いたのはジャニーズタブーに強い「週刊文春」(文藝春秋)5月26日号。記事によれば、吉田羊と7連泊した翌日の4月1日早朝、30代の女性会社員から「男性に路上で抱きつかれ、上半身をさわられるなどした」という110番通報があったのだという。現場に警察官が駆けつけたところ、そこにいたのが泥酔した中島。中島は警察署に連れて行かれ、任意の事情聴取まで受けた。

 この事件については、ジャニーズ事務所も「週刊文春」の取材に対し、事実を認めたうえで、こう謝罪していた。

「泥酔下とはいえ、このような事態になりました点について、関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。本人も深く反省しております」

 その後、女性が被害届を出さなかったため事件化は免れたが、見知らぬ女性に抱きついたとなれば立派な痴漢行為である。実際、会社員や公務員が泥酔して電車の中で女性の身体にさわるなどして逮捕される事件が頻繁に報道されている。

 また、芸能人でも市川海老蔵などは泥酔状態で関東連合関係者に暴行を受けた際、被害者だったにもかかわらず、酒癖や態度の悪さを連日糾弾されるなどマスコミから総バッシングを受けた。。ましてや、今回の中島の場合は、痴漢というハレンチ行為の加害者なのだ。普通の芸能人なら、番組降板や謹慎は不可避、下手をしたら芸能界引退に追い込まれかねない不祥事である。

 実際、一部のメディア関係者やネットでは、「さすがに今回はなんらかのペナルティが中島に課せられるだろう」「おそらくドラマ主演は流れるのではないか」という見方が有力だった。

「『文春』にもスポンサーとペナルティを相談しているという情報が書かれていましたし、最低でも、草なぎ剛の全裸騒動のような短期休養は免れないんじゃないか、といわれていましたね。当然、ドラマも企画そのものがなくなってしまうだろう、と」(芸能関係者)

 ところがフタを開けてみたら、『HOPE』の7月17日からの放映開始も、中島が主演というのもまったく変更なし。それどころか、フジテレビはドラマのキャストや主題歌がスピッツの新曲「コメット」に決定したことなどの番宣をガンガン流し始めたというわけだ。

 この背景にはもちろん、ジャニーズ事務所の圧力とそれに唯々諾々と従う芸能マスコミによる不祥事隠蔽があった。

「Hey! Say! JUMPは、飯島(三智)マネージャーを追い出してジャニーズの全権を握りつつある藤島ジュリー景子副社長が今イチオシのグループ。事務所は事件発生当初から、中島が警察の聴取を受けたことなどを把握していましたが、ジュリー副社長が『なんとしてでも不祥事を抑え込め』と厳命を出し、徹底的に事件潰しに動いていたようです。警察にも手を回していましたし、被害者対策もして、事件化しないよう動いた。『週刊文春』にスッパ抜かれた後も、一応、謝罪コメントを出しましたが、マスコミ各社に報じないよう箝口令を敷き、フジにはそのままドラマを放映するようにと圧力をかけたと聞いています」(ジャニーズ関係者)

 そして、この隠蔽工作に、芸能マスコミは完全に従った。ワイドショーはこの事件のことを1秒たりとも扱わなかったし、中島と吉田羊の7連泊については大々的に報じたスポーツ紙も、痴漢事件についてはほとんど触れなかった。

「マスコミが抑え込まれたことで、最終的にはフジもそのまま放映することで同意したようです。まあ、フジは芦田愛菜やシャーロット・ケイト・フォックス、寺田心が出演した日9ドラマ『OUR HOUSE』が大コケして9話で打ち切り。福山雅治主演の月9ドラマ『ラブソング』も同様に大コケ。これで『HOPE』が飛んだら、ドラマ班はもっと大混乱に陥ってしまう。フジとしても最も望んでいた展開だったというところでしょう」(フジテレビ関係者)

 これがいかに理不尽な状況であるかは、たとえば今年ワイドショーを席巻したベッキー不倫騒動と比較すれば明からだろう。

 優等生キャラだったベッキーの不倫は確かにインパクトはあった。だが所詮"不倫"というごくプライベートな問題であり、犯罪行為を行ったわけではない。しかしワイドショーを筆頭にしたマスコミはベッキーを糾弾し、全てのCMを降板、芸能界休養にまで追い込んだ。それはベッキーが『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS)で懺悔しても、6月10日に復帰会見で再び謝罪しても変わらず、ベッキーは今も本格復帰できないでいる。

 ところが、痴漢騒動という刑事事件に発展する可能性すらあった中島は、会見を開いたり芸能界を休養するどころか、痴漢騒ぎなどなかったかのように一切を無視したまま、ドラマ主演の抜擢という晴れ舞台に立っているのだ。

 ジャニーズ事務所が容認さえすれば、犯罪まがいの行為をはたらいても何事もなかったかのようにドラマ主演の座に居座り続けられる。一方で、弱小事務所のタレントは不倫やご近所トラブル、酒癖、態度の悪さといった些細なことでも猛バッシングを浴びる。毎度の事ながら、この理不尽さを見ていると、本当に絶望的な気持ちになる。

 実際、これはたかが芸能報道で済む話ではない。実は、このマスコミの「強きを助け弱きを挫く」体質が舛添問題でも指摘された「事の大小が狂っている日本社会」という問題を生み出しているのだから。
(林グンマ)

あわせて読みたい

気になるキーワード

リテラの記事をもっと見る 2016年6月25日の芸能総合記事

次に読みたい関連記事「Kis-My-Ft2」のニュース

次に読みたい関連記事「Kis-My-Ft2」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Sexy Zone」のニュース

次に読みたい関連記事「Sexy Zone」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジャニーズWEST」のニュース

次に読みたい関連記事「ジャニーズWEST」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。