安倍政権の闇を描いた映画『新聞記者』は日本アカデミー賞をとれるか? 松坂桃李が作品への思いと「忖度」の空気を玉川徹に告白

安倍政権の闇を描いた映画『新聞記者』は日本アカデミー賞をとれるか? 松坂桃李が作品への思いと「忖度」の空気を玉川徹に告白
日本アカデミー賞にノミネートされた映画『新聞記者』


 本日夜、第43回日本アカデミー賞の授賞式がおこなわれる。リテラが今回の日本アカデミー賞で注目しているのは、言うまでもなく東京新聞・望月衣塑子記者原案の映画『新聞記者』だ。

『新聞記者』は、主演の松坂桃李が主演男優賞に、シム・ウンギョンが主演女優賞にそれぞれノミネートされているのをはじめ、作品賞、監督賞、主演といった主要部門ふくめ、6部門にノミネートされ、台風の目となっている。

 映画『新聞記者』は本サイトでも何度か紹介したが、ここ数年のあいだに安倍政権下で起こった数々の事件を総ざらいし、あらためてこの国の権力の暗部を暴き出した映画だった。森友公文書改ざん問題での近畿財務局職員の自殺や、加計学園問題に絡んだ前川喜平・元文科事務次官に仕掛けられた官邸による謀略、伊藤詩織さんによる性暴力告発などをモチーフとするエピソードがいくつも描かれている。

 安倍政権やネトウヨによる表現への圧力が高まっている状況下で、こうした政権批判に踏み込む映画には大きなリスクと困難があったという。

 この作品では、組織の命令と、官僚としての理想や良心との狭間で葛藤・苦悩するエリート官僚を好演し、主演男優賞にノミネートされている松坂桃李。松坂は、つい先日、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)で、玉川徹によるインタビューで『新聞記者』について語っていた。

 そうしたリスクを覚悟のうえで、なぜ松坂は『新聞記者』という作品に出演したのか。さらに『新聞記者』プロモーションに立ちはだかった障害。テレビという大メディアで批判に晒されるリスクにも臆することなく、松坂は非常に率直に明かした。


あわせて読みたい

松坂桃李のプロフィールを見る
リテラの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「松坂桃李 + 遊戯王」のおすすめ記事

「松坂桃李 + 遊戯王」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂桃李 + 熱愛」のおすすめ記事

「松坂桃李 + 熱愛」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山田孝之」のニュース

次に読みたい関連記事「山田孝之」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月7日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 松坂桃李 ドラマ
  2. 松坂桃李 ラジオ
  3. 松坂桃李 映画

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。