<オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』に危惧
拡大する(全1枚)
高橋秀樹[放送作家/発達障害研究者]

***

オダギリジョー脚本・演出・編集のスーパーが燦然と輝く連続ドラマ『オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ』(NHK)が始まった。毎週金曜 よる10時~10時45分。堂々のプライムタイムドラマである。NHKが仮面ライダークウガに丸投げしたドラマとあれば見なければなるまい。
<オダギリジョー脚本・演出・編集>連続ドラマ『オリバーな犬』...の画像はこちら >>
脚本・演出までは良いとしても、編集まで任せるとは、よほどの信用感があるということだ。

かつて、こんな経験があったことを記しておく。近頃再映されている桑田佳祐監督映画「稲村ジェーン」(1990)。桑田監督編集版を見せてもらう機会があった。見終わって、これは大変なことになってしまったと顔を上げることができなくなった。意見を述べた。プロの編集マン(編集・鈴木歓氏)に参加してもらい編集し直すことで一致した。

それでもう一度見た。完全に変わっていた。ようやく筆者は顔を上げることができた。編集とはそのくらい大切なもので、プロの仕事とはすごいものなのである。その編集もオダジョー自らがやった『オリバーな犬』。さてどうだったか。

公平を期すため、筆者の要約ではなくNHKの公式HPから、ストーリーの冒頭を引用する。

 (以下引用)警察犬係でハンドラーの一平(池松壮亮)は、相棒である警察犬オリバーといつものように朝のトレーニングを終えて、鑑識課に戻ってきた。スーパーボランティアの小西さん(佐藤浩市)が11年間行方不明だった少女の遺体を見つけたという話題で盛り上がる中、とある家で詐欺被害があり出動の要請が入る。家に残る匂いを頼りに捜査する一平とオリバーだったが、オリバーはとんでもないものを見つけてしまい・・・(以上引用)