在宅ワークでの専用デスク・椅子なし・猫背は身体の不調に 積極的な健康セルフケアの習慣化が必要

在宅ワークでの専用デスク・椅子なし・猫背は身体の不調に 積極的な健康セルフケアの習慣化が必要
拡大する(全3枚)

パナソニックがメディア向けに開催した「ニューノーマル時代の健康セルフケアセミナー」は、在宅ワークで身体の不調を感じている人にとっては注目すべき内容だ。

同社はリモートワーク経験者400人を対象に調査。「リモートワークにより、どのような不調が増えたと感じるか?」という質問に対して、肩こりを訴える人が68%にのぼり、ついで腰痛・66%、目の疲れ・48%、疲れとだるさ・42%、頭痛・37%となっている。

調査の結果、これらの不調の原因となるのが仕事環境の問題だ。

在宅ワークでの専用デスク・椅子なし・猫背は身体の不調に 積極...の画像はこちら >>

「仕事専用のデスクと椅子」があると回答した人は36%にとどまり、「ローテーブルと、地べたもしくは座椅子で仕事をしている」が31.3%、「ダイニングテーブルと椅子で仕事をしている」が23.3%。過半数の人が長時間仕事をするのには向かない、専用のデスク・椅子なしという環境で作業をしていたことが判明している。

ローテーブルで仕事をする場合、会社などの専用デスクでの作業する場合と比較して、首が下がり視線が下向きになってしまう。その結果猫背になり、首や背中、腰などに負担がかかる。それが肩こりや腰痛に繋がっているのではないかと推測されるのだ。それにあぐらや正座、横座りなどを続けると血流が悪くなるほか、背中や腰、太ももの筋肉をこわばらせ、これらも不調に繋がっている可能性がある。

そんな環境下で、「新たにするようになったこと」という質問に対して、行動として「散歩をする」35.3%、「運動する」33.8%、「食生活を改善する」22.5%、「ジムに通う」10.3%となっている一方、「特に無い」と回答した人は22.8%に。不調を感じてもセルフケアをしない人も多そうだ。


この記事の画像

「在宅ワークでの専用デスク・椅子なし・猫背は身体の不調に 積極的な健康セルフケアの習慣化が必要」の画像1 「在宅ワークでの専用デスク・椅子なし・猫背は身体の不調に 積極的な健康セルフケアの習慣化が必要」の画像2 「在宅ワークでの専用デスク・椅子なし・猫背は身体の不調に 積極的な健康セルフケアの習慣化が必要」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

もぐもぐニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「健康」に関する記事

「健康」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「健康」の記事

次に読みたい「健康」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク