バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは
拡大する(全8枚)

バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とはの画像はこちら >>

DXがトレンドとなる中で、二輪車・バイクの分野でもデジタルを使った変革が進んでいる。その一例が、ヤマハ発動機の取り組みだ。

二輪車業界を牽引してきた同社は、通信機能を持った「コネクテッド二輪車」と専用アプリを開発。ユーザーがバイクの状態や細かな情報をアプリで確認できるようにした。これらの取り組みが評価され、経済産業省と東京証券取引所が行う「DX銘柄2021」にも選出されている。

そこで今回、ヤマハ発動機 IT本部デジタル戦略部部長の新庄正己氏と、同MC事業部GB統括部MCつながる推進グループの山田宗幸氏に取材。近年よく聞かれるキーワードを深掘りする連載企画「マネ部的トレンドワード」。DX編の今回は、ヤマハ発動機を取り上げる。

目指したのは全世界5000万人のユーザーとつながり、声を分析すること

バイクや電動自転車でお馴染みのヤマハ発動機(以下、ヤマハ)だが、実は売上の約90%を海外が占め、世界中に点在する関係会社も150を超えるグローバル企業。そんな同社が本格的なDXに取り組み始めたのは2017~2018年のこと。具体的な内容について、推進役を担ってきた新庄氏が説明する。

「当社では『経営基盤の改革』『現業ビジネスの強化』『未来の創造』という3つの視点のDXを並行して行っています。このうち、『現業ビジネスの強化』で大事なのがお客さまを知ることです。そこで、お客さまとつながる商材開発や仕組みの構築を始めました。世界に5000万人いるとされるヤマハのお客さまとつながれば、行動や要望、お客さまの声をデータで得られます。それを蓄積し分析しながら新たな価値を創造する。そういったDXに取り組んでいます」

バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは

では、どのようにユーザーとのつながりを作るのか。そこで生まれたのがコネクテッド二輪車「NMAX」と、専用アプリ「Yamaha Motorcycle Connect(Y-Connect)」である。
バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは

これにより、ユーザーはNMAXの車両情報をアプリで見ることができる。さらに、その車両情報をヤマハのデータシステムに溜め込んで分析し、次のサービスや体験の開発につなげていく。2020年にインドネシアから導入を始めた。なお、NMAXは日常の移動手段として比較的高価であるが、決して手が届かないモデルではない。なぜNMAXから、しかも海外から始めたのだろうか。
バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは

「ヤマハの売上の40%以上はアジアであり、インドネシアは主要な市場。NMAXが一番売れているのもインドネシアでした。あえてその市場から始めたのは、世界中のお客さまや関係者に、私たちが本気でDXに取り組んでいるという明確なメッセージを出したかったためです」(新庄氏)


この記事の画像

「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像1 「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像2 「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像3 「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像4
「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像5 「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像6 「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像7 「バイクにもDXの波。ヤマハが取り組む「つながる二輪車」とは」の画像8