健康経営ソリューション『COMORE BIZ』においてテクニクスを採用した、緑と音による空間ソリューションの提供を開始
拡大する(全1枚)
[画像: https://prtimes.jp/i/3442/3874/resize/d3442-3874-252439-1.jpg ]

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:青山光洋、以下、PBS)とパナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下、パナソニック)は、PBSが提供する健康経営ソリューション「COMORE BIZ」(以下、コモレビズ)において、パナソニックの高級オーディオブランド「テクニクス」の音響システムを採用した、緑と音による空間ソリューションを共同で開発しました。コモレビズの新たな展開として2020年7月16日(木)より販売を開始します。

昨今、働き方の見直しによって職場環境の多様化が進んでいます。PBSは職場環境(ワークプレース)をより人間に最適な自然環境(ライトプレース)に近づける「バイオフィリックデザイン」の力で、従業員などのストレスを軽減し、心身共に良好な状態に保つ、ウェルビーイングな職場環境を実現するソリューション「コモレビズ」を提供しています。

この度、コモレビズに音響分野において高度な技術を有するテクニクスの高音質再生技術、音響解析・高精度チューニング技術を活用したサウンドシステムを採用したソリューションとして、自然界のような音に包み込まれ、リラックスしながら集中できる快適な職場環境をつくり、聴覚に働きかけることにより生産性向上を図る空間を提案します。