【ライブレポート】ヴェイパーウェイヴ・シーン現象を巻き起こした重要人物・Night Tempo

【ライブレポート】ヴェイパーウェイヴ・シーン現象を巻き起こした重要人物・Night Tempo
竹内まりやが1984年に発表した「プラスティック・ラブ」をリエディットした音源が話題となり、YouTubeでは800万再生を超え、ヴェイパーウェイヴ・シーン現象を巻き起こした一人である、韓国のプロデューサー/DJ・Night Tempo。そんな彼が愛してやまない、今年30周年イヤーを迎えたアイドル・デュオの最高峰・Winkの往年の名曲を公式にリエディットし、4月24日(水)にデジタル・リリースした。

Wink ー 淋しい熱帯魚(Night Tempo Showa Groove Mix)

それに合わせ、去る4月26日(金)にThe Millennials Shibuyaにて行われたリリースパーティの様子をお届けする。

レポート|<Japanese Things vol.6>

19時から始まった定期的に行われているイベント<Japanese Things vol.6>。DJ薬師丸、にっちょめ、DJ NOTOYAに続き、大トリとしてNight Tempoが現れたのは22時過ぎ。会場はすでにすし詰め状態で、客層は普段は外国人客が多いとの事前情報に反して、フロアには日本の若者が大多数である。
【ライブレポート】ヴェイパーウェイヴ・シーン現象を巻き起こした重要人物・Night Tempo
ブース前に電光掲示板(メッセージボード?)を置き、某人気歌番組のオープニング・ジングルでスタートするや、お客さんを煽ったり、一緒に飛び跳ねたりしている彼を最初は後方から見ていたのだが、とにかくオリジナル楽曲を大胆にリエディットした音がバンバン流れてくるので、ブースで何をしているのかが気になってブース横まで人をかき分けて進む(汗)。すると目に飛び込んできたのはMacBook Proのディスプレイ裏面にベッタリ貼られたWinkの7インチ盤ジャケット! お客さんたちのボルテージは上がりっぱなしで、そこらじゅうから歓声が上がっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 竹内まりや 山下達郎
  2. 竹内まりや 曲
Qeticの記事をもっと見る 2019年5月17日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「竹内まりや + 曲」のおすすめ記事

「竹内まりや + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「竹内まりや + 山下達郎」のおすすめ記事

「竹内まりや + 山下達郎」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。