「ジャイアンツとは何か?」 優勝の舞台裏に迫ったドキュメンタリー制作陣が見た、真実の姿

「ジャイアンツとは何か?」 優勝の舞台裏に迫ったドキュメンタリー制作陣が見た、真実の姿

5年ぶりにリーグ優勝を果たした読売ジャイアンツ。4年ぶりに現場復帰した原辰徳監督を筆頭に、新体制で再建への道に挑んだ2019シーズンの舞台裏には、監督や選手のみならず、チームスタッフ、球場で働く人々、ファンなど、“ジャイアンツ”をかたどる人たちの知られざる姿があった――。
それぞれの立場における真実の姿、想いを、7つのエピソードにわけて完全密着したドキュメンタリー『GIANTS 復活への道』。リアルな人間模様を描いた本作のエグゼクティブプロデューサーを務めた「DAZN(ダゾーン)」・水野重理氏に、制作にあたっての想いを語ってもらった。

(インタビュー=大塚一樹[REAL SPORTS編集部]、構成=REAL SPORTS編集部、撮影=軍記ひろし、写真=KyodoNews)

「知っているようで意外と知らないジャイアンツ」を描きたかった

『GIANTS 復活への道』は、日本制作としては初めての長編ドキュメンタリーになります。今回のプロジェクトの中で水野さんはどういう役割だったのでしょうか?

水野:エグゼクティブプロデューサーとして、企画の立ち上げから編集含め、すべて統括しています。

“ジャイアンツ”という、日本で最も人気があって、長い歴史と伝統を誇る球団に長期間密着し、ドキュメンタリーとして描くのは、かなり大きなプロジェクトだったと思うのですが、この企画自体、どのような経緯で生まれたのでしょうか?

水野:DAZNは2016年8月のサービス開始当初から「ライブ」、つまり試合中継の部分を大切な柱としているのですが、ファンが一番知りたいところって、実は試合以外にもあって、リアルな選手の声や姿、試合中継では映らない“生”の部分だと思ってたんです。サービスを年々進化させていく中で、試合中継以外に、より選手にフォーカスしたコンテンツ、ドキュメンタリーに近いものをずっと模索していました。グローバルでは、昨年くらいからオリジナルドキュメンタリーシリーズがスタートしましたが、日本でも何か出したいなと思っていたんです。


あわせて読みたい

REAL SPORTSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月13日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。