高校サッカー部の有料ファンサイト? 選手権2年連続出場・京都橘が描く“部活の自立”の未来図
拡大する(全1枚)

今年、2年連続9回目の高校サッカー選手権大会への出場を決めた京都橘高校が、この10月から新たな取り組みを始めている。月額500円で、マネージャーが主体となって撮影した毎週末の試合写真や試合前のロッカールームの様子などが見られる公式有料サイト「TACHIBANAクラブ」の運営だ。TwitterやFacebookなどSNSでの発信を活発化させるチームが増えてはいるが、有料サイトの運営は、サッカーだけでなく高校スポーツ界を見渡しても先駆的な取り組みといっていい。開始から3カ月で50人以上もの人が登録するなど、上々の滑り出しを見せている京都橘の「TACHIBANAクラブ」立ち上げの理由に迫る。

(文・写真=森田将義)

高校サッカー界初! 京都橘がユニホームにスポンサーをつけた理由

2015年、京都橘高校サッカー部のユニホームが大きな話題を呼んだ。高校サッカー界で初めてとなるスポンサードを受ける企業のロゴをユニホームにつける試みは、高校スポーツの枠組みを超えた画期的な取り組みだった。

京都橘のユニホームスポンサーに名を連ねているのは、NIKE、全日本空輸株式会社(ANA)、キリンビバレッジ株式会社(KIRIN)、西川産業株式会社(東京西川)、吉本興業株式会社の5社。チームが金銭を受け取るのではなく、5社が数年に1度公式戦用のユニホームを作成する際の費用を分担し、そのリターンとしてユニホームに企業名を入れてきた。