[バレー]パナソニック「小学生が仕掛ける認知向上」「ふるさと納税1分で定員」…地元に愛されるチームへの変革
拡大する(全1枚)

選手のスパイクが受けられるレシーブ体験のふるさと納税返礼品がわずか1分で締め切られ、地元の小学校との共同企画を経て認知度が50%も上昇。バレーボールのV.LEAGUE DIVISION1(V1)男子・パナソニックパンサーズが、スポーツ界にとって注目に値するコート外での取り組みを積極的に行っている。Vリーグが「企業スポーツからの脱却、リーグのビジネス化」を掲げる流れの中、地域に愛されるプロチームへと変革を遂げようとする企業チームの、その進化の過程を追った。

(文・本文写真=米虫紀子、トップ写真提供=パナソニックパンサーズ)

1分で締め切られた“レシーブ体験”。「60%で…」力加減のリクエストも

今シーズン、バレーボールのV.LEAGUE DIVISION1(V1)男子のパナソニックパンサーズは、コート内外でさまざまな話題を提供した。

今年1月には、パナソニックのホームタウンである大阪府枚方市が、「パナソニックパンサーズの選手が放つスパイクを受けられる!」レシーブ体験(先着20人)を、ふるさと納税返礼品として用意。今年で3回目となるが、毎年人気で、今年も受け付け開始からわずか1分で締め切られた。

返礼品のレシーブ体験は、3月6日に枚方市のパナソニックアリーナで行われたホームゲーム終了後のコートで実施。選手全員が残って見守る中、参加者はスパイクを打ってほしい選手を指名し、「60%で」などスパイクの力加減もリクエストできる。体験終了後は、1人ずつ選手全員と一緒に記念撮影も行った。