バレー・髙橋藍「リベロで学べることも多い」海外で葛藤の末に遂げた進化。自ら背負う代表での責任
拡大する(全1枚)

昨年、19歳で東京五輪メンバーに選出され、エース・石川祐希の対角で堂々とレギュラーを張った髙橋藍。その後、世界最高峰リーグと言われるイタリア・セリエAへの挑戦を表明し、昨年12月にパドヴァに渡りシーズンを過ごした。東山高校時代から海外リーグに興味を持っていたが、決断の最後のひと押しになったのは、東京五輪で抱いた「もっと自分に経験があれば、日本はメダルに届いたんじゃないか」という思いだった。自身の成長が、日本の進化に直結する。その覚悟で海を渡った髙橋に、イタリアでのシーズン、そして将来に向けて掲げる目標について聞いた。

(インタビュー・構成=米虫紀子、写真提供=日本バレーボール協会)

「中学1年の時にやって以来…」シーズン終盤、リベロで出場した葛藤

――初めてのイタリア・セリエAで得られた収穫や、ご自身の変化を感じられた部分はどんなところでしょうか?

髙橋:成長できた部分はすごく多かったと感じています。海外のトップ選手が集まる中で過ごして、試合に出る回数は少なかったんですけど、練習中から高いブロックに対してスパイクを打ったり、パワーのあるサーブを受け続けたりしたことで、高さやパワーの部分には慣れることができました。それに、イタリアではシーズン中でもかなりウエイトトレーニングに励むので、フィジカルの部分でも向上して、スパイクやサーブを打つ際に「あ、体重が乗ってるな」と感じるようになりました。

――シーズン終盤はリベロで出場した試合もありました。葛藤もあったのでは?