ザ・ローリング・ストーンズ展、当時のアパート再現にキース「わお、家に帰ってきたよ」
拡大する(全4枚)
2016年4月、ロンドンを皮切りに、ニューヨーク、シカゴ、ラスベガス、ナッシュビル、シドニーと世界各地で開催されているザ・ローリング・ストーンズのバンド史上初となる大規模な企画展「Exhibitionism ─ザ・ローリング・ストーンズ展」が、3月15日から5月6日まで、東京・TOC五反田メッセにて開催中だ。ニューヨーク開催時の模様をローリングストーン誌が取材した記事を紹介する。アジア唯一の開催という日本開催を見逃すな。

有名になる前のザ・ローリング・ストーンズはどのような生活を送っていたのだろうか?相当だらしのない生活を送っていたようだ。

ザ・ローリング・ストーンに関するアイテムの企画展『Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展』。1962年と1963年にミック・ジャガーキース・リチャーズブライアン・ジョーンズが同居していた、かの有名なチェルシーのアパートを再現したものが公開され、汚れた食器の山や散らばったビール瓶、割れた卵、整えられていないベッド、積み重なったウィリー・ディクソンやマディ・ウォーターズなどのミュージシャンのレコード、山になった汚れたものなどが再現されている。

2016年、先立ってロンドンで開催された『Exhibitionism』は、ニューヨークではウェスト・ヴィレッジのアートギャラリー、インダストリアの2フロアを利用し、かつてないほど詳細にバンドの歴史を感じることができる内容だった。この企画展では半世紀分以上の楽器、衣装、手書きの歌詞、アートワークなど様々なアイテムが展示され、バンドのデビュー・シングル「カム・オン」をレコーディングしたロンドンのオリンピック・スタジオも再現されている。

この記事の画像

「ザ・ローリング・ストーンズ展、当時のアパート再現にキース「わお、家に帰ってきたよ」」の画像1 「ザ・ローリング・ストーンズ展、当時のアパート再現にキース「わお、家に帰ってきたよ」」の画像2 「ザ・ローリング・ストーンズ展、当時のアパート再現にキース「わお、家に帰ってきたよ」」の画像3 「ザ・ローリング・ストーンズ展、当時のアパート再現にキース「わお、家に帰ってきたよ」」の画像4