浅野忠信率いるSODA!を吉田豪が直撃「バンドの運気が上昇している」

浅野忠信率いるSODA!を吉田豪が直撃「バンドの運気が上昇している」
拡大する(全3枚)
俳優の浅野忠信(Vo)が率いる4人組ロックバンド、SODA!をプロインタビュアーの吉田豪が直撃。メンバーの高松優(Gt)、松丸裕二(Ba)、村山尚也(Dr)も交え、通算5作目となるニューアルバム『MELODY!』や、浅野の音楽/人生観を掘り下げてもらった。

─御無沙汰してます! 浅野さんと最後にお会いしたのは18年前なんですよね。趣味が近そうなんで、ボクのオススメ漫画を貸すというのが企画になったりして。

浅野:『ばらの坂道』とか。

─そうそう、ジョージ秋山先生のレア作品とかお貸しして。

浅野:「きちがいだから、きちがいだから」ってページがあるんですよね(笑)。

─完全にどうかしてる大好きな作品です(笑)。それっきり接点もないままだったんですけど、SODA!のメンバーの方々と会うのは初めてなので、浅野さんから紹介してもらえますか?

浅野:僕はずっと横浜で生まれ育って。磯子高校っていうローカルな高校に通っていて、その隣に釜利谷高校っていうのがあったんですよ。当時はバンドブームじゃないですか。僕もそうだし、釜利谷に通っていた彼(松丸)もバンドをやってて。そのへんの地域の学校はよく一緒に対バンイベントをやってたので、そこから今のバンド仲間とも知り合って、一緒によく遊ぶようになると。

松丸:それで一緒にバンドをやることになって。

浅野:SAFARIっていうバンドをこの3人(浅野、松丸、高松)とブライアン・バートンルイスでずーっとやってたんですけど、その流れでファンクバンドもやろうとなり、この2人に声をかけて組んだのがSODA!。あと、SAFARIとして対バンツアーを回ってたときに、COKEHEAD HIPSTERSのメンバーでLO-LITEというバンドもやってた村山と意気投合して。彼にドラムをお願いしました。

この記事の画像

「浅野忠信率いるSODA!を吉田豪が直撃「バンドの運気が上昇している」」の画像1 「浅野忠信率いるSODA!を吉田豪が直撃「バンドの運気が上昇している」」の画像2 「浅野忠信率いるSODA!を吉田豪が直撃「バンドの運気が上昇している」」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク