ツェッペリン解散後にジミー・ペイジが初めて演奏した「天国への階段」を回想

ツェッペリン解散後にジミー・ペイジが初めて演奏した「天国への階段」を回想
1983年、英ロンドンにあるロイヤル・アルバート・ホールで行われた慈善コンサートに久しぶりに姿を現したレッド・ツェッペリンジミー・ペイジ。解散後にペイジがツェッペリンの楽曲を演奏したのはこれが初めてだった。当時のエピソードと映像を回想する。

ジョン・ボーナムが突然他界した1980年9月以降、ジミー・ペイジは暗闇の中に姿を隠していた。12年前にこのバンドを始めて以来、常にレッド・ツェッペリンがペイジの生活の真ん中にあった。ボーナム急死という悲しいニュースが伝わったとき、ツェッペリンはアメリカ・ツアーの準備を着々と進めていたのだが、この出来事を受けてバンド活動は急きょ中止となる。この2年前にザ・フーもドラマーを失ったのだが、彼らは新しいドラマーを迎え入れてツアーに出た。しかし、ツェッペリンはその選択肢を選ばず、不完全なラインナップで活動を続けるのではなく、それぞれの道を歩くことを選択した。

その後、ペイジはツェッペリンのアウトテイク集『最終楽章(Coda)』の制作を行い、映画『ロサンゼルス(原題:Death Wish II)』のサウンドトラックを作ったが、1982年と1984年にコカイン所持で逮捕される(その頃、彼はヘロインも使用していると報じられたが、その件について公に語ることを現在も拒んでいる)。真実がどうであれ、80年代前半、ペイジが公の場に姿を現すことはほとんどなく、作品リリースも非常に限られていた。レッド・ツェッペリンを失った彼は自分ひとりですべきことを思いあぐねていたのである。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年5月19日の音楽記事

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ザ・ビートルズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ビートルズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。