ストーンズのツアースポンサーが、年金問題をサポートする非営利団体なのはなぜか?

ストーンズのツアースポンサーが、年金問題をサポートする非営利団体なのはなぜか?
ローリング・ストーンズは、ミック・ジャガーの心臓手術と回復のために再スケジュールされたツアーにもうすぐ出陣する。今回のツアースポンサーは、退職年金の助言を行う非営利団体だという。なぜなのか?

今年7月にミック・ジャガーは76歳になる。ジャガーの永遠と思しき存在感は素晴らしいものだが、ローリング・ストーンズの熱狂的ファンの年齢層は45歳から75歳だ。つまり、彼らの多くはすでに退職した人たちやもうすぐ退職年齢に達する人たちである。今回ノー・フィルター・ツアーのスポンサーとなった団体にとって、このファン層は理想的なターゲットといえる。

今回のストーンズのアメリカツアーの最中、ファンがスタジアムに到着すると、そこで待ち受けているのはアライアンス・フォー・ライフタイム・インカムが手配した1台のバスだ。これは設立1年目のワシントンDCに拠点を置く非営利団体で、退職年金のオプションを広く知らしめるために金融サービス企業24社が設立した団体である。このアライアンスという団体が特定の金融アドバイザーを推薦することはないが、さまざまなファイナンシャル・プランニング・ツールや、年金保険・年金投資のような多種多様の非雇用所得オプションを試してみることを推奨する。この団体が今回のストーンズの唯一のスポンサーとなった背景には、この非営利団体のメンバーの一人とストーンズに付き合いがあったことがある(2018年に生命保険会社ジャクソン・ナショナルがナッシュビルで開催されたストーンズの博物館展示のスポンサーだった)。アライアンスはアメリカ合衆国の内国歳入法(USC 26)第501条C項の規定により課税を免除される(6)タイプの非営利団体で、今回のツアーのスポンサー契約のコストは通常の企業ブランドとのそれよりも「格段に少ない」のだが、オーガナイザーによると、ストーンズはこの団体の理念に興味を持って支持しているという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月12日の音楽記事

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュース

次に読みたい関連記事「ニルヴァーナ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「前川清」のニュース

次に読みたい関連記事「前川清」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「キャンディーズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。