ボブ・ディラン新ドキュメンタリー『ローリング・サンダー・レヴュー』関係者が語るその裏側

ボブ・ディラン新ドキュメンタリー『ローリング・サンダー・レヴュー』関係者が語るその裏側
新録インタビューと秘蔵映像の数々で描かれる、ディラン史上屈指のツアーのひとつ「ローリング・サンダー・レヴュー」を振り返る傑作ドキュメンタリーの裏側に迫る。

マーティン・スコセッシが監督を務めた新ドキュメンタリー『ローリング・サンダー・レヴュー:マーティン・スコセッシが描くボブ・ディラン伝説』(以下『ローリング・サンダー・レヴュー』)の序盤で、ボブ・ディランは1975~76年にかけて行われた困難続きだった伝説のツアーについてこう語っている。「ローリング・サンダーの何たるかを伝えたいのさ」彼はこう続ける。「見当もつかないがね、あれには何のコンセプトもないからさ。はっきりしてるのは、それが40年ほど前に確かに起きた出来事だってことだ。ローリング・サンダーについて、俺は何ひとつ覚えていない。大昔の話だし、俺はまだ生まれてもいなかった」

序盤に登場する「何ひとつ思い出せない」という彼の謎めいた発言は、本作『ローリング・サンダー・レヴュー』(6月12日より各劇場およびNetflixで公開中)が一般的なドキュメンタリーとは趣を異にすることを示している。「ボブ・ディラン伝説」というフレーズもまた然りだ。内容について詳しく述べるつもりはないが、本作は同じくスコセッシが監督を務めた2005年発表のドキュメンタリー『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』(以下『ノー・ディレクション・ホーム』)の単なる続編ではない。新たに収録されたインタビューと未公開映像を中心に、1966年に経験したバイク事故に至るまでの彼のキャリア変遷を描いた同作は、史実に極めて忠実な内容となっていた。新たに公開される本作では新録インタビューはもちろん、極めてマニアックなファンでさえ目にしたことがない秘蔵映像も登場するが、本作の主眼は同ツアーの経緯を正確に描くことではなく、優れた「ボブ・ディランの物語」を紡ぐことにあると言っていい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年6月15日の映画記事

次に読みたい関連記事「山田洋次」のニュース

次に読みたい関連記事「山田洋次」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュース

次に読みたい関連記事「クエンティン・タランティーノ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュース

次に読みたい関連記事「スティーブン・スピルバーグ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。