忌野清志郎がレコーディング作品を通して現代に残したものとは?

忌野清志郎がレコーディング作品を通して現代に残したものとは?
今年4月2日に発売された書籍『I LIKE YOU 忌野清志郎』(河出書房新社)。没後10年が経ち、忌野清志郎の音楽を知らない世代にもその魅力を伝えるべく刊行されたもので、様々な形で清志郎の作品、ライブに携わった人物が、それぞれの視点で時代ごとの清志郎の活動について証言している。そこで今回、書籍にも語り手の1人として登場している高橋Rock Me Babyと書籍の編者・フリーライターの岡本貴之により「忌野清志郎とローリングストーンズ」をテーマに対談を行った。3回に亘ってお届けする今回の対談、第2回では、忌野清志郎が他のミュージシャンと違ったのはどんなところなのか? にフォーカスした。最終回となる今回は、清志郎がライブ、レコーディング作品を通して伝えた洋楽アーティストについて、そして音楽界に残した功績について総括してもらった。


岡本:RCのラストアルバムになった『Baby a Go Go』は、レニー・クラヴィッツの共同制作者だったヘンリー・ハーシュ、デイヴィッド・ドマニッシュを日本に呼んで制作されました。それがきっかけとなって、レニー・クラヴィッツ来日公演の際には清志郎さんがオープニングでMCをしたりしていましたよね。あれは、当時話題になっていたレニー・クラヴィッツの1stアルバム『Let Love Rule』を清志郎さんが好んで聴いていたからなんでしょうか。

高橋:あれは、ギターテックの青山さんが、『Let Love Rule』を清志郎さんに渡したんです。それを聴いてすごく良いという話になって。

あわせて読みたい

気になるキーワード

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月5日の音楽記事

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スピッツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「さだまさし」のニュース

次に読みたい関連記事「さだまさし」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「井上陽水」のニュース

次に読みたい関連記事「井上陽水」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。