「ジミヘンの再来」タッシュ・サルタナが神童と呼ばれる3つの理由

「ジミヘンの再来」タッシュ・サルタナが神童と呼ばれる3つの理由
オーストラリアの新星ギターヒロイン、タッシュ・サルタナがサマーソニックで待望の初来日を飾る。ジミ・ヘンドリックスやサンタナと比較されるほどのギター・テクと、7月24日に日本盤リリースされるデビュー・アルバム『Flow State』でも発揮されていた現代性を兼ね備える彼女の魅力を、3つのポイントから解説する。

2018年のコーチェラは、ブラック・ミュージックの歴史を総決算するかのようなビヨンセのパフォーマンス=ビーチェラが、世界中の話題をかっさらったことは言うまでもないだろう。筆者も自宅でコーチェラのライブストリーミングを楽しませてもらったひとりだが、そのビーチェラ以上にインパクトを受け、思わず画面に釘付けになってしまったのが、オーストラリア・メルボルン出身のシンガーソングライター、タッシュ・サルタナのライブだった。

曼荼羅模様のカーペットが敷かれたステージに裸足で現れたのは、タッシュただひとり。ギターの音色をルーパー(≒ループ・ペダル)で重ねながらメロディを構築するアーティストは、エド・シーランやKTタンストールを筆頭に珍しいものではないが、彼女の場合はギター、キーボード、ドラム、パーカッション、トランペット、パンフルート、サンプラー、ボイスパーカッションに至るまで、ほぼすべての楽器(彼女が演奏できる楽器は優に20を超える)をリアルタイムで同期させながら、有無を言わせぬ熱量でフロアの空気を塗り替えてしまうのだ。しかも、ファジーに歪ませまくったギター・ソロは鳥肌が立つほどエモーショナルで、超絶技巧。俳優のジェイソン・モモアを彷彿とさせるワイルド&ピースフルな佇まいといい、「ファッキン・レイシストは今すぐ失せな!」と叫ぶ挑発的なMCといい、彼女がステージを降りてからもしばらく、その興奮と余韻が冷めることはなかった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ビヨンセ Instagram
  2. ビヨンセ 渡辺直美
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年7月24日の音楽記事

「ビヨンセ + Instagram」のおすすめ記事

「ビヨンセ + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「ビヨンセ + 渡辺直美」のおすすめ記事

「ビヨンセ + 渡辺直美」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。