常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか

常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか
拡大する(全6枚)
今、世間から熱狂的に愛されているバンド「King Gnu」のギター&ヴォーカルであり作詞作曲を担う首謀者である、常田大希。King Gnuが絶好調な状態であるなか、常田による新プロジェクト「millennium parade」が始動した。King Gnuのツアー中だった4月5日に、millennium paradeとしての1stシングル「Veil」を発表。その後5月22日に初ライブを開催。常田は今、King Gnuで、そしてmillennium paradeで、なにをしようとしているのか?

King Gnuのツアー最終日、millennium paradeのリハーサル、そして初ライブ当日の密着取材とインタビューを通して、常田大希の頭脳と心を解剖する。最後に見えたのは、常田の才能と意欲の奥にある寂しさだった。

King Gnu初の全国ツアーの熱狂と「白日」のヒットに対する冷静な眼差し

4月21日。私は台場にある、Zepp DiverCityにいた。King Gnuにとって「初」の全国ツアーの最終日。この日は、当初予定されていたツアーのチケットにあまりにも多くの応募が殺到したため、「追加公演」として開催が決定されたものだ。

会場は、私がこれまでここで観てきた他のアーティストのライブとはまったく違う種類の熱狂に包まれていた。1階のフロアはもちろん、2階までお客さんがパンパンに入っていて、この日のライブを待ち望んでいたからこそ一瞬一秒を存分に楽しもうとしているオーディエンスたちの熱気が凄まじかった。人気が急加速しているバンドの初ツアーとなるとここまでの熱狂がオーディエンスから生まれるのか、と驚いたし、そういったオーディエンスの期待を軽く超えてくるほどKing Gnuのパフォーマンスは素晴らしかった。みんなが待ち望んでいる楽曲を演奏し、全員で合唱しながら、常田大希がポストクラシカルな演奏をひとりで始めてオーディエンスの視線を惹きつける場面もあれば、MCで井口理(Vo,Key)が笑いをかっさらう場面もある。誰が食べても美味しいと思える「ごちそう」を調理して提供する場面と、誰も体験したことのない「刺激物」を与えて身体に衝撃を走らせる場面の、そのバランスが絶妙のように思った。

この記事の画像

「常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか」の画像1 「常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか」の画像2 「常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか」の画像3 「常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか」の画像4
「常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか」の画像5 「常田大希は今、なにを見て、なにを感じ、なにを創ろうとしているのか」の画像6

当時の記事を読む

常田大希のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「常田大希」に関する記事

「常田大希」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「常田大希」の記事

次に読みたい「常田大希」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク