リンゴ・スターがジンジャー・ベイカーを追悼「非凡で、独創的なドラマーだった」

リンゴ・スターがジンジャー・ベイカーを追悼「非凡で、独創的なドラマーだった」
リンゴ・スターはクリームの共同創始者ジンジャー・ベイカーを「非凡で独創的なドラマー」と追悼し、デンバーで消防士になろうとしていたシュールな逸話も共有してくれた。

リンゴ・スターはローリングストーン誌のインタビューで、クリームのドラマーの故ジンジャー・ベイカーの独創的なプレイについて語った。ベイカーは長期間の入院の末、日曜日に80歳で他界した。

「ジンジャー・ベイカーは非凡だったよ」とスターが言った。「彼はとても独創的だった。クリームを聞くとわかるが、いつも予期しないプレイがでてくるんだよ」と。

90年代後半、ベイカーは定期的にスターのオール・スター・バンドで演奏し、彼らとクリームの曲を2~3曲演奏するためにステージに飛び出した。当時、オール・スター・バンドにはクリームのベーシスト、ジャック・ブルースが参加しており、ベイカーをステージに呼び込むための紹介文句「みなさん、2%のクリームです!」にスターはいつも興奮したと言う。

また、スターはベイカーらしい奇妙な逸話も教えてくれた。実はベイカーがコロラド州デンバーに住んでいた頃、短い間だけ消防士として働いていたことがあるという。「当時、彼はデンバーで消防士をしていて、クリームの再結成が流れた原因が、消防車の免許を取るためだったのさ! 俺はそう聞いたから、その話を信じるよ!」と、スターが笑いながら語った。

数多くのミュージシャンや音楽仲間たちがベイカーを追悼したが、スターもその仲間入りをした。元ビートルズポール・マッカートニーは、アルバム『バンド・オン・ザ・ラン』でベイカーと作業したと述べ、彼を「偉大なドラマーで、ワイルドで素敵な男」と形容した。ミック・ジャガーもベイカーとのライブに言及し、「彼は炎のようなドラマーでありながら、極めて有能で革新的でもあった」と追悼した。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年10月10日の音楽記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら