indigo la Endが見出した「良質なポップス」のヒントとは?

indigo la Endが見出した「良質なポップス」のヒントとは?
indigo la Endがメジャーからは5枚目となるフルアルバム『濡れゆく私小説』を完成させた。

初期の歌ものポストロック的な作風から、徐々に歌謡曲的な側面を強めつつ、アンサンブルを磨き上げてきたが、『濡れゆく私小説』では改めて山下達郎松任谷由実らと向き合い、歌メロを練り、現代的なプロダクションと組み合わせることによって、高次元のポップスへと到達。日本の音楽シーンにおいて、他に比肩するもののいない、独自の存在感をますます際立たせている。川谷絵音(Vo, Gt)、長田カーティス(Gt)、後鳥亮介 (Ba)、佐藤栄太郎(Dr)。メンバー全員取材で、バンドの現在地を紐解いた。

―インディゴはメジャーデビュー以降、2015年から5年続けてフルアルバムをリリースしていて、毎回内容を更新し続けているのは凄いなと。特に、前作の『PULSATE』は新旧の曲が入り混じってるという話でしたが、新作『濡れゆく私小説』はバンドがまた新たな領域に踏み込んだような手ごたえを感じました。

川谷:今回も「通り恋」と「砂に紛れて」は昔のテイクがベーシックだったりするんですけど、すごくいいアルバムになったと思います。音楽的にも聴けるし、でもわかりにくいわけではなく、良質なポップスというか、誰の耳にも刺さるものができたかなって。まあ、自分が聴きたいものを作ろうと思って、単純にいいものができたと思います。

長田:できあがったものに対してはもちろんいいと思ってるんですけど、リリースをして、ツアーを回って、手ごたえはそこでわかってくるのかなって。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山下達郎 ものまね
  2. 山下達郎 ライブ
  3. 山下達郎 竹内まりや
山下達郎のプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る 2019年10月10日の音楽記事

「山下達郎 + ライブ」のおすすめ記事

「山下達郎 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

「山下達郎 + 竹内まりや」のおすすめ記事

「山下達郎 + 竹内まりや」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「松任谷由実」のニュース

次に読みたい関連記事「松任谷由実」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら