田中宗一郎と宇野維正が議論「チャイルディッシュ・ガンビーノの『グアヴァ・アイランド』は何を意味するのか?」

田中宗一郎と宇野維正が議論「チャイルディッシュ・ガンビーノの『グアヴァ・アイランド』は何を意味するのか?」
音楽評論家の田中宗一郎と映画・音楽ジャーナリストの宇野維正が旬なポップカルチャーの話題を縦横無尽に語りまくる、音楽カルチャー誌「Rolling Stone Japan」の人気連載「POP RULES THE WORLD」。

2019年6月25日発売号の対談では、ヒロ・ムライが監督し、チャイルディッシュ・ガンビーノことドナルド・グローヴァーとリアーナが共演した話題作『グアヴァ・アイランド』が表象するものについて、田中と宇野が議論を交わしている。

宇野は、ビヨンセが2018年にコーチェラで行ったライヴ=ビーチェラとそれを作品化した『ホームカミング』がコインの裏と表のような作品だというそれまでの議論を引き継ぎ、ビヨンセとの比較で『グアヴァ・アイランド』をこのように位置づけている。

宇野 『ホームカミング』で思い出したのが、ヒロ・ムライが監督で、ドナルド・グローヴァーとリアーナが共演した『グアヴァ・アイランド』で。昨年のビーチェラと今年の『ホームカミング』がコインの裏表であるように、昨年の「ディス・イズ・アメリカ」と今年の『グアヴァ・アイランド』も表と裏で一つだと思えるんですよね。キューバのハバナで撮影された『グアヴァ・アイランド』は、アメリカを資本主義そのもののメタファーとして捉え直した作品ですよね。つまりそこでは、「ディス・イズ・アメリカ」で提示した「これがアメリカだ」と言う時の「アメリカ」から固有性を剥ぎ取って、もう一度別の形で提示し直すっていう作業が行われている。ビヨンセにしろ、チャイルディッシュ・ガンビーノにしろ、2018年に大きな現象を起こした人たちが自分の作品を再検証するっていう動きがあるのは面白いなと思いますね。

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュース

次に読みたい関連記事「BOOWY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュース

次に読みたい関連記事「レッド・ツェッペリン」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月15日の音楽記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。