寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る
拡大する(全6枚)
寺岡シトーン(寺岡呼人)、奥田シトーン(奥田民生) 斉藤シトーン(斉藤和義) 浜崎シトーン(浜崎貴司) キングシトーン(YO-KING) トータスシトーン(トータス松本)からなるカーリングシトーンズ。チケット争奪戦となった去年の1回限りのライブで活動は終了かと思われていたシトーンズがなんとアルバムをリリース。寺岡シトーンとトータスシトーンが語ったアルバム制作秘話をお届け。寺岡が語った「僕らのためだけじゃなくて音楽に携わる全ての人達に勇気を出す前例だと思ってるから」の真意とは?

―本当に凄い面子が集まっているスーパーバンドなので、スケジュール的にも権利的にもアルバムまでリリースするとは正直思っていませんでした。リーダーの寺岡シトーンさんに聞きたいんですが、アルバムリリースは始動当初から予定していたんですか?

寺岡:実は全然予定してなくて(笑)。6人のバンドなので、僕がどれだけやりたくても、皆がやりたいっていう空気じゃないと進まないのは大前提なので。でも、ライブのために曲を作ってそれが終わった後に、何となく皆の中で楽しかったっていうのが少しあったと思うんですよ。その中でアルバム作ろうかみたいな感じになっていったんです。

―アルバムを作るという話になった時、トータスシトーンさんはどう思いましたか?

トータス:自然の流れのような気がしましたね。だってもったいないよね。ライブ向けに作った音源があって、どこにも出さないってもったいないなって単純に思ってたんで。キングシトーンも「別に録り直す必要なんか全然ないよ。ライブ用に曲を作ったデモのまま出しちゃえ!」って言ってて。そりゃ確かに斬新やなと。

この記事の画像

「寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る」の画像1 「寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る」の画像2 「寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る」の画像3 「寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る」の画像4
「寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る」の画像5 「寺岡呼人とトータス松本が「妄想」「ブルース」を肴にカーリングシトーンズを語る」の画像6