川谷絵音が語る2010年代「ハイペースに作品を出し続けたら認知されるようになった」

川谷絵音が語る2010年代「ハイペースに作品を出し続けたら認知されるようになった」
indigo la End、ゲスの極み乙女。、ジェニーハイをはじめ、様々なバンド/プロジェクトに関わり、楽曲提供も多数。ジャンルの概念はもはやなく、それでも「川谷節」としか言いようのないソングライティングの力によって、「個」としての力を見せつけた、まさに2010年代の顔役の一人、川谷絵音。今やコメンテーターとしても引っ張りだこの川谷による、2010年代最後の語録をここに。

indigo la Endのはじまりとゲスの極み乙女。のブレイク

ーまずは無茶振りを承知で聞かせてもらうと、「川谷くんにとっての2010年代はどんな10年でしたか?」と質問されたら、どう答えますか?

川谷:indigo la End(以下、インディゴ)を始めたのがちょうど2010年なので、2010年代はバンドのすべての成長過程を経験した10年だったなって。でも、今でもichikoroでは普通のライブハウスにも出て、ツアーのときはみんなでレンタカーを借りて、機材の搬入・搬出も自分たちでやってたりするから、10年前と変わらず同じようなことをやってもいるんですよね。なので、やってることは増えたけど、根本は変わってなくて、周りが変わったって感じですかね。まあ、今回の特集の中で俺の10年が一番よくわからないんじゃないですか(笑)。みんな一個のことで紆余曲折があると思うんですけど、俺はそうじゃないから。

ーそもそもインディゴを始めた頃はどんな感じだったんですか?

あわせて読みたい

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川谷絵音 + Instagram」のおすすめ記事

「川谷絵音 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「川谷絵音 + ベッキー」のおすすめ記事

「川谷絵音 + ベッキー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「西野カナ」のニュース

次に読みたい関連記事「西野カナ」のニュースをもっと見る

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月2日の音楽記事

キーワード一覧

  1. 川谷絵音 Instagram
  2. 川谷絵音 twitter
  3. 川谷絵音 ほのかりん

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。