ジョージ・ハリスンの財団、コロナウイルス救済のため50万ドルを寄付

ジョージ・ハリスンの財団、コロナウイルス救済のため50万ドルを寄付
拡大する(全1枚)
ジョージ・ハリスンの「マテリアル・ワールド財団」がコロナウイルス救済のために50万ドルを寄付した。この財団は、ハリスンが1973年にLP『Living in the Material World』をリリースした際に立ち上げられたもので、MusiCareのCOVID-19財団、Save the Children、国境なき医師団(Medecins Sans Frontieres)にそれぞれ寄付されるという。

さらに、同財団は「The Inner Light Challenge」をローンチ。下掲した新しいリリックビデオによって、世界中のユーザーとビートルズの1968年のB面曲「The Inner Light」の歌詞、ヴァース、コーラスを共有。誰かがそのビデオがハッシュタグ「#innerlight2020」を付けて投稿するたびに1ドルずつパンデミック救済のために寄付される(最大10万ドル)。

ハリスンの息子、ダーニが「The Inner Light」をカバーしている動画も公開された。"ドアがなくても、地球上のすべてを知ることができる" 彼はソファに座りながらチベットの鈴を鳴らして歌っている。"窓から外を見なくても、天国に行く方法を知ることができる"

「ジョージが歌ったこれらの歌詞は、隔離されている人、または避難するための要求を促しているいるすべての人々へのポジティブなリマインダーです」ハリスンの未亡人、オリビアは声明の中でそう述べている。「この困難な時期に(隔離したまま)繋がる方法を手に入れるために。私たちにできることとして”内なる光”をシェアすべく、みなさんを迎え入れます」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ジョージ・ハリスンのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジョージ・ハリスン」に関する記事

「ジョージ・ハリスン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジョージ・ハリスン」の記事

次に読みたい「ジョージ・ハリスン」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク