AAAMYYYが語る、楽器とサウンドメイキング
拡大する(全3枚)
7月・8月にかけて「Leeloo」「Utopia」とデジタルシングルを連続リリースしたAAAMYYY。

風変わりかつポップな音色を奏で、自身のソロ作のみならずTempalayやTENDREなどで圧倒的な存在感を放つトラックメーカー/キーボーディスト。誰をも惹きつける人柄や浮遊感たっぷりの歌声も相まって、彼女は今や日本の音楽界における最重要人物の一人となっている。その類稀なるセンスはどうやって育まれたのだろうか。Rolling Stone Japan vol.10に掲載されたインタビューをお届けする。

キーボードは調味料? 臨機応変で優秀なツール

ー最初はお姉さんの影響でピアノを始めたそうですね。

AAAMYYY  はい。小学校1年生の頃、近所にあったピアノ教室に姉が通っていたので、私も真似して行くようになっていました。教室には中3くらいまで通っていましたね。ピアノで弾くのは割とクラシックが多かったのですけど、ピアノの発表会でディズニー音楽などを演奏したこともありました。好きで聴いていたのは当時の歌謡曲とか、その頃に姉が椎名林檎さんのファンクラブに入っていたので、それで一緒にライブ映像をビデオで観るなどもしていました。

ー中学生の時に学園祭で、映画『スウィングガール』のサントラをカバーしたのはどんな経緯で?

AAAMYYY  地元の中学校は1学年2クラスしかなくて、クラス合同の出し物としてやることになったんです。ビッグバンドといえばブラスセクションですけど、私は管楽器が一切出来なかったので、他にやる人がいなかったドラムをやることになりました。それが初めてジャズに触れるきっかけにもなりましたね。初心者キットみたいな、すごく安いドラムセットを父親に買ってもらって、離れの倉庫みたいなところでひたすら練習していました。田舎なので、土地はたくさんあるんですよ(笑)。

この記事の画像

「AAAMYYYが語る、楽器とサウンドメイキング」の画像1 「AAAMYYYが語る、楽器とサウンドメイキング」の画像2 「AAAMYYYが語る、楽器とサウンドメイキング」の画像3