ミック・ジャガーとキース・リチャーズが語るバンド屈指の問題作、再びステージに立つ覚悟

ミック・ジャガーとキース・リチャーズが語るバンド屈指の問題作、再びステージに立つ覚悟
拡大する(全3枚)
バンド史上屈指の問題作『山羊の頭のスープ』の豪華リイシュー、ロックダウン下の日々、そして尽きることのない創造力について、ローリング・ストーンズの2人が語った。

ミックが振り返る『山羊の頭のスープ』

少し前、ミック・ジャガーの元にレーベルの人間から連絡があった。ローリング・ストーンズの1973年作『山羊の頭のスープ』の再発に向けて資料を整理していたところ、クルーが複数の未発表音源を発見したという。「その知らせを聞いた時、気が重くなったよ」ジャガーはそう話す。「未発表曲が出てくると、何かと仕事が増えるんだ。気に入らなくて投げ出したものを、改めて突きつけられるような感じさ」

しかしその音源を聴いて、ジャガーの考えは変わった。「実のところ、かなりいい出来なんだよ」彼はそう話す。ほどなくして、ヨーロッパの田舎町にある自宅で隔離生活を送りながら、彼は47年ぶりに「All The Rage」の歌詞を書き始めた。「つい先週レコーディングしたかのように、難なく仕上がったよ」ジャガーはそう話す。「”俺のマラカスはどこだ? この辺に置いといたはず”」

『山羊の頭のスープ』の制作に着手した時、ストーンズは大きな不安を抱えていた。大成功を収めた『メインストリートのならず者』のツアーの後、メンバーたちは世界各地に離散する。数カ月後の1972年末、彼らはジャマイカのキングストンで再会し、過去のどの作品とも異なるダークなグルーヴに満ちた音楽を作ろうと動き始めた。そのセッションは、ドローン調の実験作「全てが音楽」、トリッピーなバラード「夢からさめて」、猛り狂う「ダンシング・ウィズ・ミスターD」等を生み出した。当時の批評家たちからは評価されず、ほどなくしてバンドは同作からの楽曲の大半をライブの

この記事の画像

「ミック・ジャガーとキース・リチャーズが語るバンド屈指の問題作、再びステージに立つ覚悟」の画像1 「ミック・ジャガーとキース・リチャーズが語るバンド屈指の問題作、再びステージに立つ覚悟」の画像2 「ミック・ジャガーとキース・リチャーズが語るバンド屈指の問題作、再びステージに立つ覚悟」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ミック・ジャガーのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ミック・ジャガー」に関する記事

「ミック・ジャガー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ミック・ジャガー」の記事

次に読みたい「ミック・ジャガー」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク