田中宗一郎×小林祥晴「米ローリングストーン誌の年間ベストから読む2020年の音楽シーン」

田中宗一郎×小林祥晴「米ローリングストーン誌の年間ベストから読む2020年の音楽シーン」
拡大する(全1枚)
音楽メディアThe Sign Magazineが監修し、海外のポップミュージックの「今」を伝える、音楽カルチャー誌Rolling Stone Japanの人気連載企画POP RULES THE WORLD。ここにお届けするのは、2020年12月25日発売号の誌面に掲載された田中宗一郎と小林祥晴による対談記事。

米ローリングストーン誌の年間ベストアルバムと年間ベストソングを他メディアの年間ベストと比較しながら、そこに独自の視点も加えつつ、2020年のポップシーンの動向を振り返ったものだ。ぜひPOP RULES THE WORLDが選んだ「今年を象徴する100曲」のプレイリストと併せて楽しんでもらいたい。

POP RULES THE WORLDが選んだ「今年を象徴する100曲」

田中 まず本国のローリングストーンの年間チャートから見ていきましょう。目立ったのは、ここ5年くらいローリングストーンはメインストリームのラップと並走してたんだけど、今年はその数が一気にガクンと減った。

小林 ベストアルバムに入っているのはミーガン・ジー・スタリオンとリル・ウージー・ヴァートくらい。

田中 でも、セールス的にはヒップホップやR&Bがチャートの大半を占めている状況自体は実はあんまり変わっていない。ダベイビーやロディ・リッチだけじゃなく、24kゴールデン、ジャック・ハーロウ、リル・モージー筆頭に、次々とニューカマーもブレイクしているし。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク