THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?

THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?
拡大する(全6枚)
1997年にヨーロッパデビューを果たし、音楽シーンにおいて文字通り唯一無二の存在として後世に多大なる影響を残したBOOM BOOM SATELLITES。そのヴォーカリスト・川島道行が2016年10月に逝去して約4年の月日が経った頃、BOOM BOOM SATELLITESのもう一人のメンバーである中野雅之がついに新たなバンドを始動させた。それが、THE NOVEMBERS・小林祐介とともに立ち上げたTHE SPELLBOUNDだ。

中野は、川島が1997年に初めて脳腫瘍を患ったときから4度の再発と闘い生命をまっとうし終えるまでずっと傍にいて、川島のボーカリストとして、そして人間としての変化をすぐ近くで見ながら、人生に対してどう肯定的であれるかというテーマと向き合って音楽を奏でてきた。そんな稀有な人生体験をしてきている中野は、THE SPELLBOUNDとして初めて発表した「はじまり」で歌われる通りどんな生命も”どれほど願ったって いつかは消えてしまうってこと”を知っている上で、「人間」と人間から発される「歌」の神秘に対する眼差しをとても深く持っているように見える。さらに言えば、この取材で小林が証言している通り、中野は音楽制作に対して超ストイックな姿勢の持ち主であり、他の誰も持っていない音楽的スキルと感性を持っている音楽家だ。

BOOM BOOM SATELLITESの頃から取材をさせてもらっていた筆者としては、そんな稀有な人生観・人間観と圧倒的なスキルを持ち合わせる中野が、BOOM BOOM SATELLITESとして28年間(結成から最後の作品リリースまで)の旅を終えた後、どういった音楽を求めるのか、そして人生や世の中に対してなにを思うのか、というところに非常に興味があり、川島のお別れ会で囲み取材が行われたときから「これから中野さんはどんな音楽活動をしたいですか?」と会うたびに問いかけてきた。きっと、他の人には見えていないものや、他のミュージシャンからは出てこない音を、体験させてくれるはずだと信じていたから。

この記事の画像

「THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?」の画像1 「THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?」の画像2 「THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?」の画像3 「THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?」の画像4
「THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?」の画像5 「THE SPELLBOUNDが語る、ブンブン中野とノベンバ小林にしか表現できない「領域」とは?」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク