ネブカドネザル、ヨブ記、黙示録…神学をモチーフにしたアイアン・メイデンの世界観【インタビュー】
拡大する(全2枚)
「俺はあらゆる形態の過激主義を嫌悪している。自分とは異なる人々が存在するっていう事実から目を背けるなんて馬鹿げてる」(ブルース・ディッキンソン)

【写真を見る】「歴代最高のメタルアルバム100選」上位作品のアートワーク

昨年、新型コロナウイルスのパンデミックによって世界が急停止した時、2つのことがブルース・ディッキンソンを安堵させていた。1つはアイアン・メイデンが通算17作目のアルバム『戦術』を2019年に完成させていたこと、もう1つは自主隔離の日々を「一緒にいたいと思える相手」、つまり彼のガールフレンドと過ごせたことだ。しばらくの間、それは彼にとってプラスに作用した。

「最初の何カ月かは天気も良くて、思いがけず休暇をもらったような気分だった」。ビデオ通話に応じてくれた彼は、いつも通り高めのテンションでそう語った。「パリに住んでるガールフレンドのアパートで隔離生活を強いられてたんだけど、申し訳程度のバルコニーがついててさ。毎日夕方の5時になると上階の住人がサックスの練習を始めるんだけど、曲が『ファイナル・カウントダウン』で演奏はお粗末そのものだった。拷問みたいなもんさ」

世界が徐々に元の軌道に戻りつつある現在、63歳という年齢を感じさせないエネルギーに満ちたパフォーマンスで知られるヴォーカリストのディッキンソンは、現場に復帰する準備を着々と進めている。彼はソロでスポークンワードのショーを度々開催していたが(8月にはワクチン摂取済みだったにも関わらずコロナウイルスに感染し、ショーのキャンセルを余儀なくされた)、アイアン・メイデンも来年夏に予定されているヨーロッパツアーの準備に着手した。そして先日、バンドは待望の新作『戦術』(原題『Senjutsu』)をリリースした。82分に及ぶ2枚組の本作に収録された全10曲は、戦争を題材にした歌詞や不屈の精神、3本のギターが生み出す重厚な音の壁まで、まさにアイアン・メイデンの真骨頂だ。ディッキンソンのヴォーカルは、数十年前に元フロントマンのポール・ディアノの代役として加入した時と変わらないエネルギーとスピリットに満ちている。

この記事の画像

「ネブカドネザル、ヨブ記、黙示録…神学をモチーフにしたアイアン・メイデンの世界観【インタビュー】」の画像1 「ネブカドネザル、ヨブ記、黙示録…神学をモチーフにしたアイアン・メイデンの世界観【インタビュー】」の画像2