岡村靖幸『yellow』、当時のプロモーターと未だ得体の知れない才能について語る
拡大する(全3枚)
日本の音楽の礎となったアーティストに毎月1組ずつスポットを当て、本人や当時の関係者から深く掘り下げた話を引き出していく。2021年11月の特集は「J-POP LEGEND FORUM 再評価シリーズ第1弾 岡村靖幸」。2021年11月16日に初めてのアナログ盤『家庭教師』が発売になる岡村靖幸のEPIC時代を辿る。11月第2週のパート2は、当時のプロモーター、現在はソニー・ミュージックダイレクト制作部部長・福田良昭と、元EPICソニー、現在は音楽制作事務所株式会社ニューカムの代表取締役・西岡明芳をゲストに1stアルバム『yellow』を再評価する。

田家秀樹:こんばんは。FM COCOLO「J-POP LEGEND FORUM」案内人・田家秀樹です。今流れているのは岡村靖幸さん「どぉなっちゃってんだよ」。1990年11月16日発売、4枚目のアルバム『家庭教師』の1曲目。アルバムの先行シングルとして1990年7月21日に発売されたのですが、当時は8cmCDでありました。今年の7月21日に31年振りに17cmのアナログ盤として発売されました今月の前テーマはこの曲です。

関連記事:岡村靖幸の名盤『家庭教師』、当時のプロモーターが背景を語る

先週はアルバム『家庭教師』にスポットを当ててお送りしましたが、今週は1987年3月に発売になった1stアルバム『yellow』のご紹介。ゲストに当時の担当者、元EPICソニー、現在は

この記事の画像

「岡村靖幸『yellow』、当時のプロモーターと未だ得体の知れない才能について語る」の画像1 「岡村靖幸『yellow』、当時のプロモーターと未だ得体の知れない才能について語る」の画像2 「岡村靖幸『yellow』、当時のプロモーターと未だ得体の知れない才能について語る」の画像3