【華流】アリエル・リン、復帰後は「新しい恋がしたい!」

 昨年6月、頭部に2センチほどの「のう腫」が発見され、一時引退が騒がれた台湾人気女優の林依晨(アリエル・リン)。今年2月に手術をしたアリエルは2か月ほど休養し、先日正式に仕事復帰を果たした。16日夜、マスコミの独占インタビューに応えた彼女は、今回の手術が内視鏡を使う手術だったことを告白。術後はあまり無理をしないようになり、支えとなるパートナーの重要性を再確認したようだ。

関連写真:そのほかの林依晨(アリエル・リン)に関する写真

 昨年はむくみや生理不順など体調不良を感じ、仕事にも影響が出ていたというアリエル。病院で検査をすると内分泌失調であることが判明、さらに精密検査をしたところ、のう腫が発見された。医者の診断によると原因は「プレッシャー」で、現代の若い女性に多く見られるという。「悪い報告はしない!」主義のアリエルは、手術のことを家族やマネージャーにしか知らせなかった。そのため病気が公表されると、親しい友人からは「強がり!」という苦情?メールが多数寄せられたという。彼女は自身の病気について「芸能界は社会の縮図のようなもの。競争社会で、プレッシャーも大きい。」と話し、「自分の感覚を過信しないこと。自分が大丈夫と思っていても、病気の可能性は十分にある。1年にたった1日検査に行けば命が助かることもあるので、是非皆さんには行ってほしい」と健康診断の大切さをアピール。術後、「気分がハイになったかと思えば突然悲しくなることもあった。」など、手術による精神的情緒不安定となることもあったが、休養後は問題ないという。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク